Sigma 135mm F1.8 DG HSMでコスプレ撮影の作例レビュー

Sigma 135mm F1.8 DG HSMでコスプレ撮影

つい最近、Sigma 135mm F1.8 DG HSMのCANON用レンズを購入して、この前コスプレの撮影に使用してきましたので、実際にコスプレを撮影してきた写真を載せたり、レビューとかも記載していこう思います。

焦点距離135mmは、ポートレートでもほどよい距離で撮影することが出来るレンズになりますが、室内で撮影するには、少し難しい焦点距離になります。そのため、基本的には屋外専用のレンズになるかと思います。

 

ポートレートの定番焦点距離は、85mmのレンズですが、定番とはちょっと違った雰囲気で撮影したいなら、この「Sigma 135mm F1.8 DG HSM」の焦点距離はオススメ出来るレンズかなっていう感じです。

 

実際に自分は、85mmのレンズより135mmのレンズの方が好きで、85mmの単焦点レンズを持っていますがほとんどこの焦点距離135mmのしたん商店レンズを使用して撮影することが多いです。

 

ちなみに単焦点レンズ85mmでの撮影した作例などは、こちらの記事に記載してます。

SONY FE 85mm F1.8 SEL85F18レンズレビュー作例付き

2018.02.08

Sigma 135mm F1.8 DG HSMかEF135mm F2L USMか

CANONでは、同じ焦点距離のレンズがあり、スペック的にも近いレンズになります。両方使ってますが、どちらもいいレンズで焦点距離135mmの単焦点レンズが欲しいなら、どっち買っても失敗はないと言えます。

 

SigmaとCanonの違いは、まずはFが1.8と2の僅かな違いがあります。

 

F値的には、若干明るいSigmaの方がいいですが、ボケ具合とかは判断難しいレベルになります。F値が0.2しか変わらないのでそこまで大きな変化はないです。

 

ただ、Sigmaのレンズは最新のレンズになりますので、解放からしっかりシャープに写りますし、逆光にも強いです。AF速度に関しては、どちらも早いのでどっちでもいい感じで使えます。

 

シャープな写りが好きならSigmaのレンズの方がオススメ出来ます。

Canonと比べるとSigmaのレンズは、重たい

この「Sigma 135mm F1.8 DG HSM」は、CanonのEF135mm F2レンズと比べると非常に重たく、単焦点レンズの中でもそこそこ重量があるレンズになります。

 

重量は、約1130gグラムと1kg超えてくるレンズで、単焦点レンズは、軽さが魅力的だったりしますが、このレンズに関しては、大三元レンズの24-70mm f2.8よりも重たいレンズになってきます。

 

一方、「EF135mm F2L USM」は、重量750gです。これぐらいの重さなら、一眼レフカメラにつけていてもさほど重たいって感じることはないぐらいのレンズです。もし、重たいと感じるなら体力不足ですので、筋トレする必要があるかもしれませんw

 

実際キャノンのレンズを使ってる時はかなり軽く感じて撮影することができましたので、フットワークはキャノンの135mmレンズのほうが非常に扱いやすかったです。

価格に関しては、Canonの方が安い

AFスピードは、ほぼ同じになります。

 

価格に関しては、Canonの方が新品の場合は、2万円ほど安いかなっていう状況です。

 

また、中古レンズを購入するなら、Canonは20年ほど前から販売しているレンズになりますので、数も豊富で7~8万円あれば、購入することが可能なレンズになります。

 

ただ、中古で購入する場合は、かなり年数が立っているレンズに当たる可能性があるので、出来れば新品で購入したいレンズだと思ってます。

 

自分もEF135mm F2L USMは、新品で購入しています。

 

ちょっと安いからといって、中古購入してすぐ不具合が出たら嫌ですからね。できれば新品のレンズを購入したいところです。

結論

さほど、大きな違いはないので自分の好みで構わないと思ってます。

 

重さ、価格、どちらも大丈夫ならSigma選んだ方が若干F値が明るい分いいと思いますし、Canonのレンズでもいい写真も撮影することが出来ていて、いつかはLレンズを所持したいと思っている方々にも、オススメ出来るレンズです。

 

自分がSigmaの135mm F1.8 DG HSMを導入した理由は、SONYの一眼カメラでも使用したいという理由で購入した感じです。

 

SONYのカメラだと、MC-11を経由で「EF135mm F2L USMの場合は、なかなかピントが合わないっていう状況が出てたので、もし、同じようにソニーのカメラでも使用したいなら、「Sigma 135mm F1.8 DG HSM」を購入したほうがいいですね。

CANONユーザーで、SONY機も持ってるならMC-11がおすすめ

MC-11というマウントアダプターを利用すれば、CANONのEFマウントのレンズをソニーのFマウントでも利用することが出来ます。

Sigma 135mm F1.8 DG HSMなら、SonyのカメラでもMC-11利用で、かなり素早くAFが合ってAFが迷うこともありませんでした。

 

Canonの135mm F2との比較したいっていう方は、こちらの記事では135mm F2で撮影した写真を載せてますので、こちらも参考にみてもらえればと思います。

 

レンズの見た目的には、EF135mm f2Lレンズの方が好きです。なんだかんだで、Lレンズはいいですねよ。

CANON EF135mm F2L USM コスプレ実写レビュー

2017.12.27

sigma 135mm f1.8 dg hsm eマウントじゃなくても大丈夫

ソニー用にsigma 135mm f1.8 dg hsmが出ましたが、CANON用でも不満なくAF合いますし撮影することが出来ています。

 

ソニーしかカメラ持ってないし、今後使うこともないっていう方は、Eマウントの135mm f1.8 dg hsmでもいいですね。

 

自分の場合は、CANONとSONY両方で使いたいので、CANON用を購入しましたがSONYのミラーレス一眼カメラでばかり使ってます。

Sigma 135mm F1.8 DG HSM コスプレ撮影 作例

実際にSigma 135mm F1.8 DG HSMを使用して、撮影してきた写真がありますので、いくつか作例として上げていきます。今回は、コスプレの写真撮影ですが、ポートレートの撮影でも、かなりいい感じで撮影出来るんじゃないかと感じました。

 

この焦点距離のレンズで、全身入れた写真を撮影したい場合は、被写体から結構離れる必要がありますので、外での撮影でどんどん利用したい所ですね。コミュニケーションをとるにも、それなりに離れての撮影になりますので、慣れてないなら85mmぐらいの距離の方がやりやすいかもしれないですね。

 

今回の撮影では、せっかく解放F1.8のレンズなので、ほぼ解放での撮影をしてます。

 

・使用カメラ α9 ILCE-9

・使用レンズ

1/2000 秒。 f/1.8 135 mm iso200

いきなり、風が吹いて落ちてた桜の花びらが舞ったので、連射して撮影しました。

 

もっと、桜が舞ってくれたらよかったんですが、仕方がないですね。肌以外は、ノーレタッチの写真になります。写真のレタッチが上手な方は、上手いこと少ない桜を足すことが出来るんだと思います。

東方プロジェクト 橙 コスプレ

1/1600 秒。 f/1.8 135 mm iso200

サクラは、ほぼ散りかけの状況だったのですが、後ろの背景にほんのり桜っぽいのが映ってます。広角レンズでは、無駄に広い範囲が移ってしまうので、135mmぐらいのレンズだと無駄な物を入れることなく撮影しやすいことが多いです。

東方プロジェクト 橙 コスプレ

1/2000 秒。 f/1.8 135 mm iso200

背景に子供が移り込んでいたので、フォトショップで消しました。

 

撮影時に極力入れないようにしたいですが、どうしようもない状況もあるのでそういった時は、フォトショップで要らない部分は消していきます。ちょっとした部分なら、ワンクリックで削除することが可能です。

東方プロジェクト 橙 コスプレ

1/800 秒。 f/1.8 135 mm iso200

バストアップぐらいなら、後ろにあまり下がれない状況でも撮影することが出来ます。135mmの単焦点レンズでも、スタジオ撮影はギリギリ出来るところもあります。ただし基本的なピン写真だけかなって感じです。

東方プロジェクト 橙 コスプレ

1/2500 秒。 f/1.8 135 mm iso200

望遠レンズならではの写真になりました。広角レンズではこんな感じでなかなか撮影することができないです。ロケ撮影では望遠レンズを対応することが多いです。

東方プロジェクト 橙 コスプレ

1/2000 秒。 f/1.8 135 mm iso200

後ろには、茶色のフェンスがある場所なんですが、F1.8にすれば背景が相当ボケるため、ちょっと背景が微妙なところでもいい感じに撮影することが出来ます。135ミリな焦点距離は絶妙にコミュケーションが取れる範囲のレンズでいい感じです。200ミリぐらいになってくるとほとんどコミケションは取ることがムズカシイので、コミュニケーションも取れて良いレンズです。

 

これは、レフ板しか利用してない撮影ですが、結構自分好みな感じで撮影することが出来ました。

ポートレート(コスプレ)撮影にレフ板だけでも綺麗に撮影出来ます

2018.04.13
レム コスプレ

1/1000 秒。 f/2 135 mm iso200

これは、F2で撮影してたみたいです。基本的には、F値は解放の1.8撮影するとが多いです。

ラム コスプレ

1/800 秒。 f/2 135 mm iso200

135mm F1.8 DG HSM コスプレ

1/1250 秒。 f/2 135 mm iso200

135mm F1.8 DG HSM コスプレ

1/1600 秒。 f/1.8 135 mm iso200

逆光もそこそこ強いです。キャノンのレンズの場合は逆光で撮影すると、かなりフレアがでますが、シグマのレンズではほとんど出ません。

135mm F1.8 DG HSM コスプレ

1/1250 秒。 f/1.8 135 mm iso200

135mmは、200mmと違ってほどよい距離間なので、ギリギリ会話することが出来るレベルなのです。200mmは、かなり離れて撮影しないといけないので、これぐらいまでなら使いやすいレンズだと思ってます。す

南ことり コスプレ

1/1250 秒。 f/1.8 135 mm iso200

南ことり コスプレ

Sigma 135mm F1.8 DG HSM まとめ

α9 ILCE-9とmc-11の組み合わせでの撮影は、かなり良かったです。

 

Sony純正のレンズでは、望遠側のレンズで欲しい感じのレンズもなく、出来ればCanonと両立が出来るレンズが欲しかったので、このSigma 135mm F1.8 DG HSMを購入したのはよかったと思います。

 

自分が所持しているレンズの中でも、一番気に入っているレンズがこのSigma 135mm F1.8 DG HSMですね。

(柊せんせー)
135mmのコポートレート撮影は、こちらの記事でまとめてます

Sigma 135mm F1.8 DG HSMでポートレート撮影の作例レビュー

2019.03.03

FE70-200mmもいいレンズですが、自分が自由に動いて撮影することが出来る場所では、この「Sigma 135mm F1.8 DG HSM」選択します。

FE 70-200mm F2.8 GM OSSでポートレート撮影のレビュー作例

2018.08.12

Sigma 135mm F1.8 DG HSMとMC-11の組み合わせが最高に良い

2018.04.02