SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ARTコスプレ撮影実写レビュー

SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ARTレビュー

今まで50mmは、SIGMAの50mm f1.4 ex dg hsmをメインで利用して撮影していて、写り的にも普通に満足していましたが、このレンズはAFがあまりスムーズではないのと、解放で撮影すると少しソフトな写りでした。

 

価格を考えるとめちゃくちゃいいレンズです。ポートレート撮影で、あまり解像させたくなくて少しふんわりとした描写が好きな場合は、こちらのレンズはおすすめです。

50mm f1.4 ex dg hsmシグマ単焦点の作例とレビューなど

2018.06.14

 

自分の場合は、解放からもっと解像するレンズが欲しいなって思っていたところ、「SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ART」は、解放から評判がいいレンズだったので、追加することにしました。

 

このレンズは、50mmの単焦点レンズにしては、815gと結構重たいレンズで大きさもなかなかあるレンズですが、旧型の50mm単焦点レンズと比べて、AFもスムーズに合うようになったのでいい感じのレンズになりました。

50mm単焦点にしては、価格は高い

50mm単焦点レンズは、色んなメーカーから比較的に安価な価格で販売されてますが、この「SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ART」は、約9万円ほどと50mmの単焦点レンズにしては高めのレンズです。

 

その分、拘って作られている分、解放から非常にシャープな写りでF1.4をガンガン使いたくなるレンズです。

50mm f1.4 DG HSM ARTコスプレ撮影作例

実際に撮影で使用したので、写真の作例を上げていきます。

1/1600 秒。 f/1.4 50 mm iso400

南ことり コスプレ

1/3200 秒。 f/1.4 50 mm iso200

解放のF1.4でバンバン撮影してます。F1.4では、ピントがかなり外れやすいので、そこのところだけ注意が必要です。これぐらい近づいての撮影だと、片方の目はボケたりするぐらいの被写界深度は浅いです。

南ことり コスプレ

1/3200 秒。 f/1.4 50 mm iso200

南ことり コスプレ

1/1600 秒。 f/1.4 50 mm iso320

ガツンと太陽の光を入れて撮影するとこんな感じになります。

インデックス コスプレ

1/1000 秒。 f/1.4 50 mm iso100

このレンズでは、F1.4の開放で写真撮影しまくってます。それでも十分使うことが出来るのがいいですね。

50mm 単焦点

1/2500 秒。 f/1.4 50 mm iso200

焦点距離50mmは、被写体との距離が遠くもなく近くもないぐらいで丁度いい感じで撮影がしやすいレンズです。

 

こちらは、旧型のレンズの写真です。WEB程度では画質の差はわからないです。でも、AFの使い勝手の部分が全然違うので、スムーズに撮影したいならARTシリーズの方がいいなって印象です。

 

写真の写りに関しては、ピントさえ合ってれば問題なくいいレンズですね。

50mm 単焦点 50mm 単焦点

SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ARTの感想

50mmの単焦点レンズにしては、ちょっと高めのレンズになるのと、50mmにしては、重量がそこそこあるので、ちょっと気軽に持っていくレンズではないかなって印象です。

 

スナップ撮影では、もうちょっと軽いレンズの方が扱いやすいです。

 

AF速度は、そこそこ速くAFもスムーズに合います。

 

50mmのF1.4は、被写界深度もかなり浅くなるので、ピント合わせは苦労するかもしれません。ピント合わせに苦労する場合は、多少絞って撮影するのもいいですね。

 

ピントが合ってないと使えない写真の量産になる場合もあります。

 

一応、いまこのレンズを基本的にメインで使うことが多いです。

 

自分は、50mmのレンズが好きなので、よく使いますがちょっと高いレンズなので、安い方の50mm f1.4 ex dg hsmでもいいかなーって思いました。写り自体は、前のでも満足してた部分が大きいです。

 

そのレンズについての記事は、こちらにて

50mm f1.4 ex dg hsmシグマ単焦点の作例とレビューなど