一眼レンズのクリーニングには、これを使えば簡単に綺麗に出来ます

一眼レンズのクリーニングには、これを使えば簡単に綺麗に出来ます

EF24-70mm f4l is usm

一眼レフカメラのレンズって、ふとした瞬間ちょっと手が当たったりして、汚れがついてしまう時があります。レンズに汚れがついたまま、撮影をすると写真にも影響がある場合があるので、汚れた時は、しっかりその汚れを落とす必要性があります。

 

 

でも、汚れを拭き取ろうと思って、適当にティッシュなどを利用すると、逆に汚れを引き延ばしてしまう場合があります。

 

 

今回は、お手軽にレンズの汚れを落とすことが出来る商品を紹介出来ればと思い記事を書きました。

レンズの汚れにはこれが、おすすめ

自分が今まで使ってきて、これは簡単に使えて綺麗に汚れが取れるなぁって思ったのが、このHAKUBAから出ている、レンズ用のメンテナンスペンになります。

 

 

これを使うと、手軽に綺麗に汚れを落とすことが簡単に出来ます。

 

 

料金も1000円ちょっとという金額なので、一眼レフカメラを所持しているなら、とりあえず一本は所持しておきたい道具になります。

 

 

ちなみに、昔に買ってずっと1本でやれているので、非常に長い間利用することが出来ますよ。

 

 

ファインダー用もあって、こちらは少し小さめですので、価格も少し安くなってます。ビューファインダーも、目で覗いて汚れやすい部分ですので、これがあるとこれも綺麗にメンテナンス出来ます。

この記事を書くために、ビューファインダーを掃除したら、簡単に綺麗になってめちゃくちゃ見やすくなりました。あまり定期的にクリーニングする必要性はないですが、持ってると非常に便利ですね。

 

 

ちなみに、このレンズペンは油汚れ系には強いですが、ホコリとかの汚れをそのまま落とすには、傷つけてしまう可能性がありますので、そういった場合は、はじめにブロワーなどで軽くゴミを飛ばしてから利用する方がいい感じです。

拘る人は、無水エタノールで

基本的には、レンズペンだけで綺麗に汚れを取ることが出来ますが、レンズペンよりも扱いが難しいです。でも、無水エタノールを利用したクリーニングが出来るようになると、センサーも自分で汚れを取ることが出来るようになります。

そして、レンズを拭く紙もティッシュなどでは、よろしくないのでレンズ清掃にオススメな「シルボン紙」を利用するようにしてみてください。入っている量を考えたら、金額的には非常に安く手に入れることが出来ます。

 

一度購入すれば、また購入しないといけないっていうのはならないぐらい、めちゃくちゃ使うことが出来ます。

エタノールを入れる容器は、こういうのを一つ持っていると、かなり便利です。見た目もいい感じですね。

具体的な利用方法は、動画を見てもらった方がわかりやすいと思いましたので、ニコンのクリーニング動画を参考にしてみてください。