Sigma 35mm F1.4 DG HSMのコスプレ撮影作例レビュー

Sigma 35mm F1.4 DG HSM ARTレンズについて

ここの所、Sigmaの一眼レフカメラ用のレンズの盛り上がりが凄く非常にいいレンズが揃ってきています。

 

今回紹介する「Sigma 35mm F1.4 DG HSM ART」は、発売されたのは2012年と結構前に販売されたレンズですが、ここ当たりからシグマのARTレンズは非常に評判がいいレンズということで、純正キラーになるレンズがどんどんラインアップされてきました。

 

35mm F1.4クラスの純正レンズは、20万円ほどするのに対し半額以下で購入することが出来る「Sigma 35mm F1.4 DG HSM ART」は、安いけど、写りは純正と引けを取らないっていうことで、めちゃくちゃ評判がいいレンズです。

 

今回は、この「Sigma 35mm F1.4 DG HSM ART」を使用して撮影した写真や実際に使用したレビューなどを記載して行こうかと思います。

35mm単焦点レンズは、ポートレートに使えるか?

自分は、基本的にポートレート撮影(コスプレ)などの撮影が多いので、人物撮影メインで使えかどうかが重要だったりします。焦点距離35mmのレンズは、フルサイズカメラで使うなら、ちょっと広角~標準域に入るレンズになります。

 

この焦点域は、F2.8通しのズームレンズで済ませてしまうことも多かったりしますが、単焦点レンズは、F値2.8よりも下げて撮影することが出来ますので、ズームレンズでは撮れない写真を撮影することが出来ます。

 

後ほど作例をあげますが、F値を下げて撮影すれば、35mmでもそこそこ背景をボカして撮影出来て、手振れもしにくい焦点距離なので、室内、屋内問わず、どこでも撮影しやすいレンズの一つではないかと思います。

 

また、あまり35mm単焦点でポートレート撮影している人って少ないと感じるため人とは、他の型とは違うポートレート写真を撮影したいなら、単焦点35mmは一つの手です。

Sigma 35mm F1.4 DG HSM ART レビュー

基本的にレンズっていうのは、解放では多少解像が甘かったりするので、ある程度F値を絞って撮影することが多いのですが、このART系のレンズが出てきてからは、解放で撮影しても、しっかり解像するレンズが増えてきて、解放でもどんどん撮影していきたいレンズです。

 

というか、最近の新しいレンズはほとんど解放でも描写が気にならないレンズが多くなってます。

AFスピードについて

AFは、スムーズに合いますし AFの速度は、爆速ではないですが、ストレスを感じるほどのスピードではなくそこそこ早い感じでした。ただ、解放で撮影すると被写界深度も結構浅くなりますので、ピントを合わせるのは結構難しくなります。

 

解放から綺麗に撮影することが出来ますが、ピントが合わないと使えない写真の量産になりますので、ピントについてはUSB DOCKを利用してしっかり挑戦しておくことをオススメします。

 

下のはCANON用ですので、ご自身が所持しているマウントのUSB DOCKを購入してくださいね。

 

スナップ撮影にも最適

焦点距離35mmのレンズというのは、基本的に何でも撮影出来るレンズだと思います。単焦点のためその場から動けないという条件だと使いにくい場面もありますが、自由に動けて撮影出来るなら、このレンズ1本あれば、色んな写真を撮影することが出来ます。

 

結構、小さめのレンズでF1.4まで利用出来て重量も軽めのレンズなので、ずっと付けっぱなしにしたいレンズです。軽すぎないのも手振れしにくいのでいいですよ。

 

F値も明るいので、夜景や星空撮影でもいい写真が撮れそうです。

 

重量も軽めのレンズになりますので、このレンズ1本だけ持っていっての撮影でもいい感じですね。

コスパもいい

純正レンズの35mm f1.4の単焦点は、20万円を超えるぐらいのレンズだったりするのですが、Sigma 35mm F1.4 DG HSMでしたら、半額の10万円以下で購入することが出来ます。

 

Sigma 35mm F1.4 DG HSM コスプレ写真 作例

実際にこのレンズを使用してコスプレを撮影した写真がありますので、実際にこのレンズでどんな感じの写真が撮れるかを見て判断してもらえればと思います。

 

F1.4解放から、解像するレンズではありますが、確実にピント合わせたいので1段ぐらい絞って撮影することが多かったです。

 

使用カメラ:D800E

使用レンズ:Sigma 35mm F1.4 DG HSM ART

1/1250 秒。 f/2 35 mm iso250

涼宮ハルヒ コスプレ

1/125 秒。 f/2 35 mm iso640

デスノート コスプレ

1/125 秒。 f/2.5 35 mm iso320

ピントを外したくないので、ある程度絞って撮影してますが、2.8だとズームレンズと同じなので微妙な感じのF値で撮影してます。

天根美沙 コスプレ

1/320 秒。 f/2 35 mm iso400

全身入れるとボケ具合は減りますが、あまり距離を撮ることなく全身撮影することが可能です。

中野梓 コスプレ

1/320 秒。 f/1.4 35 mm iso400

解放でこんな感じです。全身入れた場合だと、あまりボケないかなっていう感じですね。

あずにゃん コスプレ

1/200 秒。 f/2.2 35 mm iso500

35mm

1/250 秒。 f/2 35 mm iso320

sigma 35mm

1/640 秒。 f/5 35 mm iso320

ある程度、絞って撮影するとめちゃくちゃ解像しますが、webに上げる程度のサイズだと見分けがつかないかもしれないです。

35mm

Sigma 35mm F1.4 DG HSM Eマウント

最近は、SONYのミラーレス一眼カメラをメインに使うことが多くなってきたこともありますので、「Sigma 35mm F1.4 DG HSM」のEマウント用も購入することにしました。

Eマウント用は、少しサイズが大きく長くなってますが、普通に使用することが出来てます。自宅で軽く使ってみたところAFの動作のもたつきが見当たりましたが、実践のコスプレ撮影などでは、何の不満もなく撮影することが出来ました。

 

35mm F1.4単焦点レンズは、カールツァイスの「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA SEL35F14Z」も所持してますが、写りなどに関しても特に大きな差はないかと思いました。サイズと重量的には、カールツァイスの方が軽いので、少しでも軽くしたい方はカールツァイスがいいかもしれません。

カールツァイスFE 35mm F1.4 ZAコスプレ撮影作例レビュー

2019.01.22

1/5000 秒。 f/1.4 35 mm iso200

Sigma 35mm F1.4 DG HSM コスプレ

1/5000 秒。 f/1.4 35 mm iso200

コスプレ撮影

1/5000 秒。 f/1.4 35 mm iso200

コスプレ撮影

Sigma 35mm F1.4 DG HSMのまとめ

解放からどんどん使っていきたいレンズですが、しっかりピント調整しないとピント外した写真を量産します。勿論、調整しなくても問題なく使える場合もありますが、そこは使っているボディとの相性の問題もありますので、写真撮影する前にしっかり調整してみてください。

 

自分自身で調整出来ない方は、カメラとレンズをシグマに送ると調整もらうことも出来るみたいなので、ピント調整依頼するのもいいかもしれません。

 

「Sigma 50mm F1.4 DG HSM」が気になってる方や、35mm単焦点レンズと比較してみたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ARTコスプレ撮影実写レビュー

2018.08.23

他のレンズの焦点距離は、こちらからです。

ポートレートおすすめレンズ焦点距離は、どれがベスト!?

2017.12.30