一眼レフのレンズには、保護フィルターは付ける?オススメを紹介

一眼レフのレンズには、保護フィルターは付ける?オススメを紹介

一眼レフカメラの、レンズフィルターは様々な商品がありますが、保護がメインなプロテクトフィルターを付けていますか?自分は、全て所持しているレンズに、保護フィルターを付けるようにしています。

 

一般的にも、ほとんどの人がレンズを購入する時に一緒にプロテクトフィルターを購入している人が多いらしいです。中には、写りに影響を与えるということで購入しない人もいるらしいですが、自分が使ってる感じ、画質が劣化してるとは思わないぐらい、普通に写真撮影することが出来ていると感じます。

プロテクトフィルターのメリット

保護フィルターを付けて置けば、ちょっとぶつけたり落下させても、フィルターが破損しただけで、レンズは大丈夫だったということを聞いたことがあります。フィルターだけの破損なら、フィルターを交換するだけで済みますので、比較的安価で交換することが出来ます。

 

もし、レンズが破損した場合は、修理に1万円以上はするでしょうから、負担的にはかなり大きな金額になる可能性が高いです。また、ちょっとした指紋や傷ぐらいでも、レンズフィルターならあまり気にせず付いてもいいやって感じになります。

 

自分は、レンズフィルターがあるから、レンズキャップを付けることなく、カバンにそのまま入れて使用してます。レンズキャップつけてない理由は、すぐに撮影することが出来るからです。こんな雑な扱いをしてますが、保護フィルターには、傷はついていません。万が一、傷がついた場合は、交換すればいいだけなので

プロテクトフィルターのデメリット

デメリットは、画質低下とコストです。

 

画質に関しては、主に逆光時にフレアやゴーストが出るらしいですが、わざと出して撮影することもあるので、あまり問題だと思ったことはありません。むしろ、ここは元のレンズの性能の方が大きく左右されるところだと思ってます。

 

コスト面に関しては、大きなフィルターでいいフィルターは、ひとつで5000円以上したりしますので、結構高くつきます。

 

このコストは、保険料として考えるかどうかだと思います。

保護フィルターを付けるかどうか

基本的には、何か拘りがないならレンズの保護フィルターは、付けたほうがいいです。保護フィルターがあるだけで、レンズを守ってくれる可能性が高まるので、コスト考えても購入しておくべきだと思います。

 

状態がいいままレンズを使用し続ければ、レンズを売却する時も高く販売することが出来やすくもなります。購入した時に保護フィルターを付けて撮影していれば、基本的にレンズが傷付くことは一切なくなります。

 

とは、いえ全てのレンズにいい保護フィルターを付けてしまうと、保護フィルターだけでも結構いい金額になってしまいますので、高い保護フィルターは、いいレンズにだけ使用して、安めのレンズには、比較的安価な保護フィルターを付けてやり繰りしてます。

レンズ保護フィルターのおすすめ

オススメのレンズフィルターを紹介します。

 

フィルターの大きさは、所持しているレンズによって変えてください。価格は、大きければ大きいほど値段が上がります。

 

保護フィルターなら、これが一番オススメです。kenkoのフィルターよりも、指紋などが付いてもすぐに抜き取ることが出来て、ホコリとかもブロワーをするだけで、簡単に取り除けたので、汚れを取るのが簡単だと感じました。

安価でコスパがいいレンズフィルターが欲しい場合
あまり保護フィルターにお金をかけたくない方は、これぐらいの保護フィルターがいいかなと思います。

レンズ保護フィルターまとめ

レンズ保護フィルターは、付けるか迷う人がいると思いますが、万が一のために購入しておいてください。一眼レフのカメラのレンズは、そこそこ金額がしますので、保険料と考えればあまり高くない買い物です。

 

ただ、レンズが沢山増えてきて、いい保護フィルターを使用していくとお金がどんどん必要になっていきますけどね。

 

2.8通しのレンズとかは、77mmが多いので、フィルターだけでもそれなりの金額に(´・ω・`)