CANON EF24-70mm F2.8L II USMは、ポートレート撮影で最適なレンズ

CANON EF24-70mm F2.8L II USMについて

CANON EF24-70mm F2.8L II USM

CANONの大三元レンズの一つ、標準ズームレンズで焦点距離24-70mm F2.8通しのレンズになります。

 

この焦点距離のズームレンズを一つ持っていれば、基本的な写真撮影をこなすことが出来るレンズになりますし、非常に使用用途が多いズームレンズで写りがいい物が欲しいなら、このレンズの購入はおすすめです。

 

プロカメラマンでも愛用している方は多いレンズです。アマチュアカメラマンなら、このレンズを所持して撮影することが目標な方もいると思います。

 

自分の中でも、レンズ1本で写真撮影をほぼこなしたいと思う日は、この「EF24-70mm F2.8L II USM」を持っていくことが多いです。

 

そのため沢山レンズを所持している中でも、一番使用しているレンズの一つです。

 

このレンズがあれば、とりあえず無難に撮影をこなすことが出来ます。ズームレンズでありながら、単焦点レンズに迫る描写をしてくれますので、この「EF24-70mm F2.8L II USM」は、買って損しないレンズですね。

CANON EF24-70mm F2.8L II USMのレビュー

現在、価格コムで新品最安値16万円ほどになります。

 

中古レンズは、最安値で15万円ほどですので状態がいいレンズなら、一万円ぐらい安く買えるかなっていう感じですね。

 

正直これぐらいの価格差なら、新品でレンズ購入する方がいいかなって思います。

 

一眼レフカメラのレンズは、高額ですが一度購入すると長く使える商品ですし、不要になった時でも、ヤフオク等で販売すれば、結構な金額で販売することが出来ます。売却のことも考えたら、レンズへの投資は、そのレンズを使った写真を沢山撮れることを考えると、積極的に購入してもいいんじゃないかなって考えてます。

 

壊したり、無くしたりしない限り13,4万円で販売出来ることを考えると、その分このレンズで写真撮影しまくった方が有意義に過ごすことが出来ます。

 

レンズは、カメラと違って年数が立ったしても、大幅にか価格が値下がることがないため、気楽に増やしてもいいんじゃないかなと考えてます。

 

何より、いいレンズで写真撮影をすれば、ずっと写真は残りますし

 

いい道具で写真を撮れば、道具の言い訳には出来ずに、あとは腕を磨くことだけに集中することが出来ます。

EF24-70mm F2.8L II USMのメリット

最近の24-70mmF2.8通しレンズは、手振れ補正がついているレンズも増えてきていますが、このレンズには手振れ補正がついていません。でも、このレンズは手振れ補正なしのため、F2.8通しのレンズにしては、比較的軽いと感じることが出来るレンズです。

 

また、このキヤノンのEF24-70mm F2.8L II USMは、手振れ補正がない分、画質が素晴らしく他が出しているメーカーの24-70mmf2.8通しレンズよりも解放から写りがいいと感じました。

 

手振れ補正がついてないから、このレンズを購入するか戸惑う方もいる方かと思いますが、この焦点距離でしたら、手振れ補正がなくてもしっかり構えれば特に問題なく撮影出来る範囲です。

 

もちろん、手振れ補正がついてると適当に構えても簡単にブレが止まるから、あったら安心なのは間違いないですけどね。人物撮影などでは、被写体ブレも気になりますので、手振れ補正が必要になるようなシャッタースピードでは、シャッターを切らないので大丈夫です。

 

もし、手振れしているようなら、シャッタースピードを上げて撮影するようにするのと、しっかりカメラを構えて撮影するようにしてください。

解放のF2.8から使える

基本的にレンズの開放は、描写が甘いことが多いのですが、このレンズに関しては解放F2.8から、しっかり映るので、F2.8で撮影しまくっていてもいいなって思えたレンズです。

 

このEF24-70mm F2.8L II USMは、単焦点レンズで比べても同レベル近いレンズだと感じます。

 

かなり写りがいいレンズで、AF速度も非常に高速なレンズです。単焦点レンズは、写りはいいですがAF速度は遅いこのレンズよりも遅く感じるレンズが多いので、シャッターチャンスを逃したくないなら、このレンズを使いたいですね。

 

レンズの大きさもそこまで大きくなく一眼レフとの組み合わせに、ちょうどいいバランスなレンズです。

 

ちなみに、ソニーのミラーレス一眼でマウントアダプターを付けて使用すれば、本体側で手振れ補正がついてますので、レンズ側になくても手振れ補正を利かすことが出来ます。

デメリット

このEF24-70mm F2.8L II USMは、プロも使うようなレンズのため値段が高いです。

 

そのため、カメラを始める初心者の方や、アマチュアの方には、コストがかかり過ぎるかなっていう感じもします。

 

でも、価値が下がるようなレンズではないので、無くしたりしない限りは、売却時に結構な金額で返ってきますので、あまりデメリットではないかなとは思います。カメラをこれからはじめる初心者の人であっても、お金に余裕があれば、このレンズから始めるのは非常に良いことだと思います。

CANON EF24-70mm F2.8L II USM ポートレート作例

EF24-70mm F2.8L II USMでは、あまりポートレート撮影の作例がなかったので、前に撮影会で撮影した写真メインを作例として上げておきます。

春野ゆこ

望遠側で、F2.8で撮影すれば、背景を結構ボカして撮影することも簡単です。

春野ゆこ ポートレート 春野ゆこ 春野ゆこ 振袖 一眼

CANON EF24-70mm F2.8L II USM コスプレ実写作例

ポートレートの写真は、ネットに上げる作例が少なめでしたので、コスプレ撮影写真でいくつか参考程度になればと思い多めに写真を上げておきます。

1/125 秒。 f/2.8 38 mm iso250

艦これ雪風コスプレ

1/200 秒。 f/4.5 50 mm iso400

羽瀬川小鳩コスプレ

1/200 秒。 f/5 35 mm iso400

レミリア・スカーレット コスプレ

1/200 秒。 f/2.8 30 mm iso1000

24-70

1/200 秒。 f/2.8 35 mm iso100

渡辺曜コスプレ

1/200 秒。 f/2.8 24 mm iso100

艦これ鹿島コスプレ

1/800 秒。 f/2.8 24 mm iso250

わりと焦点距離24mmが好きで、結構使って撮影することがあります。逆光は強い。

西住みほ コスプレ

1/200 秒。 f/2.8 42 mm iso1000

24-70

1/400 秒。 f/2.8 57 mm

焦点距離50mm~あたりでバストアップ撮影なら、背景もそこそこぼかして撮影することも可能です。どの焦点距離を選んでも、シャープに撮影することが出来るレンズだと思ってます。

西住みほ コスプレ

1/200 秒。 f/2.8 50 mm iso100

鹿島 コスプレ

1/160 秒。 f/2.8 50 mm

24-70

1/160 秒。 f/2.8 70 mm iso500

焦点距離が70mmぐらいまでなら、手振れ補正がなくてもシャッタースピードに気をつけていれば、手振れすることなく撮影することが出来ます。手振れ補正が付いてないお陰で、このサイズとこの重さで済んでると思うので、バランスはいいです。

24-70

ef24-70mm f2.8l ii usmの新型レンズは出る?

最近、CANONからEOS Rというミラーレス一眼カメラが出てマウントが別になってしまったため、もしかしたらef24-70mm f2.8l ii usmの新型は、RFマウントで出るんじゃないかと思ったりしてます。

 

現状、今のef24-70mm f2.8l ii usmでもいい画質なので、このレンズのままでいいと考えてます。もし、新型のレンズには手振れ補正が付いてきたら、欲しい方が沢山出るでしょうけどサイズと重さはデカくなるでしょうし、一番の問題は価格が高くなるということですね。

 

まだ、新型レンズが出るという情報は、ハッキリとは出ていないので暫く待ちの状態になりそうですが、RFマウントは色々いいレンズが出てるので、非常に楽しみなところです。

RF28-70mm F2レンズは、CANONユーザーとしては、非常に気になるレンズです。高すぎて、一般層にはなかなか購入しにくいレンズですが、F2の通しズームレンズは凄そうですね。

大三元レンズの一つEF70-200mm F2.8が気になってる方は、こちらも見てくださいー。

EF70-200mm F2.8L IS II USMコスプレ撮影について作例あり

2017.12.26