一眼レフカメラに防湿庫は必要?おすすめを教えます

一眼レフカメラに防湿庫は必要?

一眼レフカメラやレンズは、そのまま放置してしまうとカビが生える可能性があります。特に日本は、気候的にカビが生えやすい環境です。何の対策もせずカメラ等をそのまま保管するのはよくないので、必ず対策するようにしてください。

 

よくあるのは、撮影に行った後そのままカメラバックに一眼レフカメラを入れたまま放置してしまうことです。

 

特に一番やってはいけないことは、「カメラバック」ごと押し入れに入れて保管することです。押し入れは、カメラバックごとカビが入る可能性も高いので、保管するには向いていない場所になります。

週1以上、カメラを使うなら防湿庫がなくても大丈夫

防湿庫が必要になってくるのは、あまりカメラを使うことがなく放置する機会が多い人です。よく使う場合は、防湿庫はなくても大丈夫だと考えてます。

 

ただ、機材が増えてくると使わないレンズなども増えてくるので、後々防湿庫は必要になってくる可能性も高いです。

 

防湿庫があると、撮影の機材は防湿庫にまとめることも出来るので、ある程度大きめの防湿庫を一つ購入すると長く使えていいですよ。

カビは予防が一番大事

一度、一眼レフカメラやレンズにカビが生えてしまうと、修理に出しても完璧にカビを取り除くことは難しくなります。

 

また、カビが生えると写真に大きく影響することもありますので、カビは生やさないようにすることが一番大切です。

カメラの機材が少ない間は、ドライボックスでも可能

写真を初めた頃、カメラの機材が少ない(一眼レフカメラ、一台、レンズ2本とか)のレベルぐらいの場合は、防湿庫を購入するのも負担になるので、安価なドライボックスがオススメです。

 

 

こちらなら、安価でコスパもよく湿度計もついていていいですよ。

 

防湿庫を買うなら、はじめから大きめのを

防湿庫の購入を検討している方は、既にある程度機材を所持している人だと思いますが、これからも機材はどんどん増えていくと思います。防湿庫の場合は、一度購入すると買い替えることは、まずないため初めから大きめの防湿庫を購入した方がいいです。

 

60リットルなら、容量もそこそこあります。一般的な方なら、このクラスでも特に問題はないかと思います。

 

普通の人では、カメラを使う頻度もそこまで高くないと思いますので、一つは防湿庫を持っておきたいところです。カメラの機材が少ないうちは、ドライボックスでも大丈夫ですので、購入してみてください。

 

ドライボックス等で保管しておけば、カビ対策は安心なので、長い間カメラを使うことが出来るようになります。