Canon EF16-35mm F2.8L III USM 実写レビューポートレート撮影にも

Canon EF16-35mm F2.8L III USMについて

今回は、CANONの「EF16-35mm F2.8L III USM」のレンズについて実際に撮影した写真を添えてレビューしたいと思います。

 

基本的に、自分がメインで撮影している被写体は、ポートレート(人物)撮影が多いため超広角レンズは、所持していませんでしたがある程度一通りレンズも揃ったため、今まで所持してなかった焦点距離のレンズを購入しようと思い「EF16-35mm F2.8L III USM」の購入することにしました。

EF16-35mm F2.8L III USMか旧型を購入するか迷った

「EF16-35mm F2.8L III USM」には、旧型のEF16-35mm F2.8L II USMがあって、旧型なら金額もなかなか金額安かったため、そんなに使う頻度も高いわけではない焦点距離のレンズなら、ある程度妥協して旧型を購入してしまおうかとも迷いました。

 

こちらが旧型で中古品なら、10万円を切るような金額です。

新型の「EF16-35mm F2.8L III USM」は、大三元レンズの中でも一番高いレンズだったりします。

 

こちらは、新品、中古どちらも同じような価格帯です。

買うなら、旧型で中古のレンズ10万円ぐらいのを購入するか新型なら新品レンズで購入するかって感じでした。

 

金額も倍ほど、するので結構悩んだため実際に店舗まで足を運び、レンズを試したりもしました。

 

店舗で軽く試してみた感じは旧型でも、そんなに写りに不満はありませんでしたがせっかく購入するなら、解放2.8でどんどん撮影してみたいと考えていましたので、評判もいい新型を購入することに決めました。

(柊せんせー)
高かったですけどね。

EF16-35mm F2.8L III USMを購入

5D4+バッテリーグリップ付きのカメラと組み合わせるとこんな感じになります。

EF16-35mm F2.8L III USM 5D mark4

レンズの大きさは、EF24-70mm F2.8L II USMより大きく重さもあります。

CANON EF24-70mm F2.8L II USMは、ポートレート撮影で最適なレンズ

EF16-35mm F2.8L III USMがいい所は、焦点距離を変更しても、レンズが伸び縮みしないところがいいですね。

 

ズームレンズの場合、仕方がない部分もありますが、「EF24-70mm F2.8L II USM」はズームをする時、レンズ自体が伸びるのでそういったレンズはあまり好きでなかったりします。

 

「EF70-200mm F2.8L IS II USM」もズームしてもレンズの長さが変わらないからいいですね。

EF70-200mm F2.8L IS II USMコスプレ撮影について作例あり

長さが変わるレンズを使用して望遠側にして、レンズの先端が長くなってる時にどこかにぶつけたりするとレンズの負担が大きいだろうし、雨が降った時の防塵防滴の仕様が気になります。

 

この点、この「EF16-35mm F2.8L III USM」は、どの焦点距離にズームしても、まったくレンズの長さが変わらないのでいいレンズです。自分は、ズームレンズでもこういったレンズの方が好きですね。

EF16-35mm F2.8L III USM実写レビュー作例

ここらで実際に「EF16-35mm F2.8L III USM」で撮影した写真を載せて実写レビューをしていきます。

 

まずは、風景編になります。

 

普段、風景はほとんど写真撮りませんが、レビュー用に軽く撮影してきました。

大阪の日本橋

JPEG撮って出しです。

クリック押すと拡大されます。

 

せっかくの2.8通しレンズなので、F2.8メインで撮影しています。

1/250 秒。 f/2.8 35 mm iso100

信号機

1/125 秒。 f/2.8 35 mm iso400

アニメイトカフェでの撮影です。この焦点距離のレンズは、室内でも撮影しやすいレンズですね。ただ少し大きいので、持っているとちょっと目立ちます。

うまるちゃんカフェ海老名ちゃん

1/200 秒。 f/2.8 16 mm iso200

超広角域です。

16mmになると、端が結構歪むので使いどころが難しいかもしれません。

ラブライブサンシャインアクア

1/500 秒。 f/2.8 16 mm iso200

ソフマップ スーパーファミコンミニ

1/320 秒。 f/2.8 16 mm iso200

16mmの焦点距離は、かなり広いですね。

高島屋

1/500 秒。 f/2.8 16 mm iso100

日本橋アニメイト

東京秋葉原

F2.8なら、夜でもそこまでiso上げなくても撮影することが出来ます。

 

このレンズには、手振れ補正がついていないため、シャッタースピードは、そこそこ速くして手振れしないようにしてます。

1/160 秒。 f/2.8 16 mm iso640

秋葉原駅

1/160 秒。 f/2.8 16 mm iso1250

秋葉原夜景

EF16-35mm F2.8L III USM ポートレート撮影

超広角レンズは、ポートレート撮影では使いにくいですがあまり使ってる方はいないので、面白い写真が撮れるかもしれません。

 

超広角側は、人物撮影では使いにくかったので、広角側はあまり使うことなく撮影しました。

 

このレンズで、ポートレート撮影するならロケーションがいいところで撮影したい所ですね。

 

まだこのレンズはまだあまり実践で使えてないレンズなのでもっと使って覚えていきたいです。

1/125 秒。 f/2.8 24 mm iso400

焦点距離24mmは、24-70mmでよく使う焦点距離です。わざわざこの焦点距離使うなら、24-70mmでもいいかもしれないです。

1/125 秒。 f/2.8 32 mm iso400

1/125 秒。 f/2.8 35 mm iso500

1/125 秒。 f/2.8 35 mm iso500

1/200 秒。 f/2.8 30 mm iso500

1/125 秒。 f/2.8 16 mm iso500

焦点距離16mmだとこんな感じ注意して撮影しないと、自分の足が映ったりします。

EF16-35mm F2.8L III USMレビューまとめ

F2.8から、問題なく使えるレンズだと思います。

 

ただ、ポートレート撮影では使いどころが

少し難しいかと思いますが、出目金レンズではなく

フィルターも使用することが出来るレンズなのでおすすめです。

 

もっと、このレンズを使用したら

再度記事を更新し直すかもしれません。