Apple Watch Series 4の44mmを購入したのでレビューなど

Apple Watch Series 4の44mを購入しました

前持って、ヨドバシカメラで予約していたアップルウォッチ シリーズ4が届いて使ってみた感想を書くことにしました。アップルウォッチ シリーズ3でも、特に困ったことはありませんでしたが、新しいのが出たら気になったので購入してみた感じです。

 

比較に関しては、前に書いた記事があるのでここには書きません。

Apple Watch 4と3を比較!どれだけ進化した?

2018.09.14

今までは、42mmを使用してました

Apple Watch Series 3の時は、42mmを使用してたので、そのまま42mmにしたかったですが、今回は、40mmと44mmしかないので、44mmを選択しました。

 

ちなみにバンドの方は、互換性があり38mm>40mm,42mm>44mmといった感じで同じバンドを利用することが可能になってます。

Apple Watch Series 4 44mmは、デカい重い

重さは、ちょっとだけですが42mmの頃よりも重たくなっており、サイズに関してはすぐわかるぐらいに大きくなってます。画面は、かなり見やすくなっているので、Apple Watch Series 4のみで操作することも簡単になりました。

 

また、Suicaのチャージをする時、チャージに少々時間かかっていたんですが、Apple Watch Series 4になってから処理スピードが上がっており、チャージするスピードも速くなりました。

 

Apple Watch Series 4は、アップルウォッチで色々操作したい方には、処理スピードが上がっているので操作のストレスが減ります。

Apple Watch Series 4 44mmは、失敗したかな

これは、自分の感想なので人それぞれですが、ちょっと大きくなった分、腕が疲れるような感じがしました。42mmの時では、一度もそういったことがなかったので、44mmにしてから思ったことです。

 

スペック的には、あがってるし、画面も見やすくなってるけど、アップルウォッチはずっと腕に付けているものなので、サイズはある程度コンパクトで最小限必要なことが出来たら良かったかなってところです。

 

もうしばらく、使ってみてどうしても44mmは合わない感じだったら42mmに戻すかApple Watch Series 4の40mmに買い替えするかもしれません。処理スピードとかのスムーズ差は、目に見えてシリーズ4のスペックが上がったと感じることが出来ましたので