ブルーライトカットPCメガネの効果はある?実際に使ったレビュー

ブルーライトカットPCメガネとは?

ここの所、パソコンを使う時間が多くて目の疲れをよく感じるようになりました。対策としては、定期的に目薬を刺したりしてますが、それでも作業時間が長くなるとパソコン作業が終わってからも、目の疲れを感じることが多いです。

 

そこで、何かしら対策出来ることはないかと思い、色々調べてみた結果画面から出てくるブルーライトというものが、目にはあまりよくないことがわかりました。ブルーライトは、眼精疲労を週初するらしく、涙の量を減らしてしまう原因などがあるらしいです。

 

ブルーライトの影響
他にも、ブルーライトは、太陽の光の紫外線波長に似ているため。夜にブルーライトを浴びると、脳が朝だと認識してしまいます。そうなると睡眠ホルモンの分泌が抑えられてしまうため、なかなか夜に眠ることが出来なくなり、寝つきが悪い影響にも繋がります。

 

また、目の疲れは、肩こりや頭痛などにも影響が出てくることもあるので、予防に越したことはありません。

それで、ブルーライトというものを「ブルーライトカット メガネ」を利用すれば、目の疲れの軽減になると思ったので「ブルーライトカットメガネ」を購入することにしました。

ブルーライトカットPCメガネは、効果ある?

PCメガネは、若干黄色っぽい色がついているため、メガネを付けると液晶の色がちょっと違って見えます。写真編集の作業では、色が変わって見えるとダメなのでPCメガネは使うこと出来ないですが、通常にネットを見たり、文章を打ったりする作業には使うようにしてみました。

 

結果的には、メガネをしている方が目の疲れが軽減したと実感しました。

 

こちらは、自分の感覚ですがハッキリとない時よりも目の疲れはマシになったと感じたので、これからのパソコン作業は、PCメガネを利用して作業することにします。ブルーライトは、テレビやスマホからも発生してますので、そういったのを見るときでも利用することが出来ます。

 

ちなみに、自分のスマホにはブルーライトカットのフィルムを張っているため、メガネを付けなくても大丈夫です。フィルムの方のブルーライトカットの効果はあるかどうかわからないレベルですが、スマホには保護フィルムは必須だと思っているので、あまり気にしなくて利用してます。

ブルーライトカットメガネのおすすめ紹介

ブルーライトカットメガネには、通常のメガネと変わらない透明なレンズをしようしたPCメガネがありますが、しっかりブルーライトをカットしたい場合は、少し黄色の色がついたPCメガネを利用したほうがいいです。

 

透明のPCメガネは、ブルーライトカット率があまりよくないため効果が薄いです。ちゃんと色がついているPCメガネは、ブルーライトカット率も高いため効果を実感することが出来ました。

 

ブルーライトカットメガネは、多数ありますがネットで効果が以上に高い商品で、評判が良すぎる商品はサクラレビューだったりしますので注意が必要です。今回紹介する商品は、あまり高くもなくてほどよりブルーライトカット率の商品です。

透明なブルーライトカットメガネ

ブルーライトカット率は、42%です。

色がついたブルーライトカットメガネ

ブルーライトカット率は、55%です。

ブルーライトカットメガネのまとめ

実際に効果があるかどうかは、使ってみないとわからないと思って購入して試してみました。PCメガネを利用すれば、その日から、めちゃくちゃ目の疲れがなくなるというわけではないですが、作業時間を考えると、目の疲れは何もしないよりも軽減したことは実感しました。

 

価格を考えても、2000円もしないメガネなので、お試しには丁度いいと思います。

 

パソコン作業で目の疲れを感じる方は、是非一度試してみてください。