Apple Watch 4と3を比較!どれだけ進化した?

Apple Watch 4の発表

AppleWatch

2018年の9月13日のApple Watch 4が発表されましたので、現在Apple Watch 3を使用していて変更するか気になっていたので、比較してみることしました。

Apple Watch 4とApple Watch 3の価格について

Apple Watch 4

Apple Watch 4 価格

Apple Watch 3

Apple Watch 3

Apple Watch 3と比べると、サイズも変更されてますが、どちらを選んでも1万円以上高くなっています。コスパを考えると、まだまだApple Watch 3でもいいかもしれないっていう価格帯ですね。Apple Watch 4にしたら、どれだけ性能が上がってるかどうかがこの価格差を埋めれるかってところです。

Apple Watch 4とApple Watch 3のスペック比較

Apple Watch 4とApple Watch 3では、結構価格差がありますが、それほどの進化はあるのかなと比べてみました。スペックカタログを見ても、バッテリー時間や防水性能は全く変化なしです。

Apple Watch 4

Apple Watch 4

Apple Watch 3

Apple Watch 3

Apple Watch 4とApple Watch 3の進化した点

・Bluetooth 4.2から5に変化

これにより多少バッテリー持ちがよくなる可能性があります。

・容量が8GBから16GBに

容量が2倍に増えましたが、あまりアプリを入れることもないので8GBで十分だと感じました。

・新型チップにより処理スピードアップ

Apple Watch 3と比べて約2倍ほど処理スピードが速くなるみたいです。

Apple Watch 4 主な特徴

Apple Watch 4は、健康をテーマにしていて、「転倒検出機能」や「心電図計測機能」が追加されました。ただ、心電図計測機能に関しては、日本向け製品には付けることが法律的な問題とかで利用出来ないみたいです。

 

ディスプレイに関しては、前よりも大きくなっているので見やすくなりました。

Apple Watch 4のまとめ

現状、Apple Watch 3からどれだけの変化はいまいちわからないっていうのが正直な印象です。防水機能のアップやバッテリーの持ちが3と比べて上がっているなら、買い替えしたいと思ってましたが、いまの段階では購入するかは要検討っていう感じです。

 

Apple Watchを購入するか考えてる方は、Apple Watch 4に乗り換える人達が、Apple Watch 3を売ると思うので、Apple Watch 3なら安く手に入れるチャンスかもしれないです、現状Apple Watch 3でもかなり役にたってるので安く手に入れることが出来るのはいいですよ。

 

自分もApple Watch 3を売ってApple Watch 4に乗り換えする予定です。