iphone XSの防水性能は?風呂や海使ってみた感想レビュー

iphone XSの防水性能は?

iphone 水没

最近の現代人に欠かせなくなってる必需品は、スマホですがiphoneって、防水性能どれぐらいあるの?だったりとかお風呂や海とかで使っても大丈夫なの?って気になってる方もいるかと思いましたので、今回記事としてまとめることにしてみました。

 

先に結論から言うと、iphoneは、8とXSを持ってますが、両方ともお風呂で利用していても、問題なく使えてます。

 

たまに、湯船に落としてしまうこともありますが、お風呂の中でも普通に動いてました。水没したからと言って、iphone XSが壊れてしまうということはありませんでした。もう、一年以上、iphoneは風呂でも使うようにしてるので、そうそう壊れないかなって思ってます。

 

ただ、常にお湯の中で使用するのは、故障する原因になってしまうリスクを高めてしまうため、基本的には、お湯の中に着けて使用することは控えてます。

 

iphoneは、防水ケースにいれてるわけではなく、こういった普通のスマホケースのまま風呂に持っていってます。

手帳型のスマホケースとかだと、いちいち取り外ししないとすぐにケースがダメになったりすると思うので、こういったシンプルなケースの方がオススメです。勿論、カバーとか何もせずにiPhoneのまま使っても大丈夫です。

iPhone XSをお風呂で使う時の注意点について

実際に風呂で利用していて、自分自身が思ったことについてまとめました。

水に濡らしたら、暫く充電はNG

iphoneを水に濡らしてしまった場合、完全に乾いてない状態でライトニングケーブルを差して充電してしまうと、ショートしてしまいiphoneが故障する原因になります。

 

濡らしてしまって完全に乾かすまでは、5時間は必要になって来ますので、もし水に濡らしてしまったけど充電したい場合は、ワイヤレス充電を利用することでバッテリーの充電することが出来ます。

自分は、iphoneを水に濡らしてしまっても、充電は基本的にワイヤレス充電のみで充電するようにしているため、スマホが水に濡れたとしてもケーブル直差しの充電を気を付けたことはないです。

 

ワイヤレス充電なら、そのまま充電することが可能ですので、水に濡れていても充電出来ます。

手が水に濡れるとスマホの操作しにくい

仕方がないことですが、手が水に濡れてしまうと途端に指の滑りが悪くなるので、iPhoneの操作がやりにくくなります。

 

操作がやりにくいだけで、操作は出来ます。

 

また、水に濡れると、指紋認証は出来なくなります。顔認証は、問題なく出来ます。ただし、風呂での利用は湯気で認証が失敗する時もありますので、スマホ操作をしたい時は、スマホの液晶を水に濡らさないようにして、操作する手も水に濡らさないようにする必要性があると感じました。

シャンプーやボディーソープには注意が必要

ちょっとぐらいなら、問題ないかもしれないですが、ガッツリボディーソープなどでiPhoneを洗うようなことをした場合は、故障の原因になると思います。

 

さすがにそれで洗う人はいないと思いますけどね。

 

iPhoneを洗ういたいなら、真水で洗うだけにした方がいいです。iphoneの防水性能は、あくまで簡易的なもので、完全防水レベルではなかったりします。

iPhoneは、海で使用しても大丈夫?

海での利用でも大丈夫です。ただ、海は塩分が含んでいるため、あとから真水で綺麗に洗い流してください。特にライトニングケーブルの場所は、充電する時に使うのでちゃんと洗う必要性があります。

 

面倒だと思ったり防水性能に少し不安がある方は、防水ケースに入れて利用するのも一つの手です。

iphone XSの防水性能まとめ

防水性能的には、結構高いレベルの防水性能です。iPhone XSの防水・防塵性能はIP68なってます。

 

ただし、長時間水に濡らした状態にしておくと、故障してしまう可能性もありますので、無駄に水に濡らし続けることは辞めたほうがいいかもしれません。

 

防水性能があるとはいっても、完全防水ではないので、水に濡らしても絶対大丈夫という性能ではないので注意が必要です。

 

それでも、ある程度なら心配することなく水に濡らしても大丈夫なのでいいですね。雨とかなら、全然濡らしてしまっても利用することが出来ますよ。

 

故障の心配がある方は、念のために防水ケースに入れて使用すれば、防水ケースがダメになった時でも、iphone自体の防水機能があるので、まず壊れるリスクはほぼなくなるかと思います。

iPhone XRの防水性能は?

「iPhone XR」は、防水・防塵性能IP67になっているため、iPhone XSやMAXに比べると、防水性能が結構落ちますので、気を付ける必要性があります。

 

iPhone 8も防水・防塵性能IP67の性能になってます。なので、日常生活程度の水濡れ程度なら、問題ないかなっていうところですが、こちらも基本的に濡らさない方がいいですね。

 

ちなみに、お風呂でiPhoneを使う時、Bluetoothの防水スピーカーを利用すると便利だったのでオススメしたいです。このスピーカーを購入してからは、いつも風呂に持っていって使用しているスピーカーなぐらい気に入って使ってます。

風呂で使える防水Bluetoothスピーカーのおすすめ商品紹介

2019.02.17