風呂で使える防水Bluetoothスピーカーのおすすめ商品紹介

風呂で使える防水Bluetoothスピーカーのおすすめ商品紹介

防水 Bluetoothスピーカー

最近、お風呂に入る時は、iPhone XSを持ち込んで動画を見たり、音楽を聴いたりして過ごしているんですが、iPhone XSでは、湯煎に使っている時は特に問題なかったですが、シャワーを浴びる時は、音量をMAXにしていても結構音量不足だと感じてたので、ワイヤレスのBluetoothスピーカーで防水のやつがないか調べて実際に購入してみました。

 

その結果、いいと思った防水Bluetoothスピーカーが、この「SRS-XB21」がコスパ的にもいいかなと思い買いました。

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB21 : 防水・防塵・防錆/Bluetooth/専用スマホアプリ対応 ライティング機能搭載 2018年モデル ブルー SRS-XB21 L
ソニー(SONY)

SRS-XB21のスペックについて

「SRS-XB21」スペック
バージョンBluetooth標準規格ver.4.2/Bluetooth標準規格Power Class2電源microUSB/充電池
駆動時間電池持続時間(Bluetooth接続時):約12時間総合出力14 W
再生周波数帯域(低)再生周波数帯域(高)
対応プロファイルA2DP
AVRCP
HFP
HSP
対応コーデックSBC
AAC
LDAC
ハイレゾ防水・防滴IP67
音声/AIアシスタント機能スマートディスプレイ
首掛け・肩掛け対応ファイルフォーマット
スピーカー構成フルレンジスピーカー方式パッシブラジエーター方式
360度スピーカー再生チャンネルステレオ
複数台同時再生(Bluetooth)マイク
USB給電機能ライト・イルミネーション機能
自動スリープモード

防水性能がIP67なので、結構防水性能は結構あります。バッテリーに関しても、12時間も持てば、結構十分な感じですよね。

IP67の性能について

6粉塵が内部に侵入しない
7一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない

こんな感じの性能なので、ずっと水に付けたままにしたりしない限り、通常使用での水程度なら防水性能的には問題ないかなぁって感じです。

充電時間について

1.5Aを出力できるACアダプターを接続した場合は、約4時間で充電完了して、充電が完了した時点でランプが消灯するようになります。

 

500mA以上程度のACアダプターからの充電の場合は、充電が満タンになるまで、10時間以上かかると説明書に書いてましたので、充電するためにはACアダプターは大きめのやつを使用する必要性がありそうです。

 

また、内臓充電の電池残量を確認する場合は、直接ボタンで確認することも出来ますし、アプリでバッテリー量を確認することも出来ます。

SRS-XB21のバッテリー消費を抑えるために

バッテリーの消費量を抑えるためには、LIGHT機能の設定をオフにすることと、サウンドモードをSTANDARDに設定することによって、バッテリー消費を抑えることが出来ます。

 

更に、一番大事なことは音量の大きさなので、長い時間使いたい場合は、音量は下げて使う必要性とより長く使うことが出来ます。

実際にSRS-XB21をお風呂で使ってみた感じ

実際に「SRS-XB21」をお風呂で使ってみた感じ、iPhone XSのみで聞くよりも圧倒的な音の大きさと、音質の良さを感じることが出来ました。

 

音質だけで、この「SRS-XB21」を購入した価値があると思いましたし、音量もかなりあったので購入してよかったです。ちなみにこのスピーカーを利用すれば、シャワーの時でも普通に音を聞き取ることが出来ましたし、ドライヤーしてる時でも、普通に音を聞くことが出来ました。

 

しかも、音量に関してはさほどあげてなくて、結構大きな音量を出すことが出来てたので、今後お風呂以外でも結構活躍出来るスピーカーになりそうです。