吉野家の牛すき鍋膳を食べた感想やレビューについての詳細

吉野家の牛すき鍋膳を食べた感想

吉野家 牛すき鍋

冬の時期だけやっている、吉野家の牛すき鍋膳を食べて来ましたので、色々感想など書いていきたいと思います。

 

牛すき鍋膳は、牛丼と違い注文してから提供されるまで少し時間かかるため、時間があまりない時は、注文せず普通に牛丼を注文する方がオススメです。

 

ちなみに、の牛すき鍋膳の並みで2019年の現在価格は税込みで690円です。

 

牛すき鍋膳は、ちゃんと温めされてる状態で提供されるので、最後まで熱い状態で食べることが出来ます。

牛すき鍋膳の肉や野菜について

吉野家 牛すき鍋

基本的に肉の割合が多いですが、白ご飯と合うのは、肉なので肉が多めなのは嬉しいですね。肉質については、いつも吉野家の牛丼で提供されるものと同じ感じです。

 

一応、野菜は半日のボリュームがあることらしいですが、ほんまかいなって思うぐらい、そこまで量は多くない印象を感じました。

 

麺は、きしめんっぽいタイプのやつでした。

牛すき鍋膳の味について

吉野家 牛すき鍋

生卵がついてるので、それにつけて食べる感じがオススメですが、牛すき鍋膳の味はすき焼きっぽい感じがしますが、完全なすき焼きではないです。

 

牛すき鍋膳の大盛りを注文すると、ご飯だけが多くなって、おかずが少し足りない感じになるので、ご飯大盛りにしておかずが足りない感じになるぐらいなら、普通に並盛を頼む方がいいかなぁって感じでした。

 

肉の量は、並盛で丁度いい感じです。生卵は、ちょっと足りないなぁって感じることもありますが、追加注文することも出来ます。ちなみに生卵は1つ60円ぐらいして、そこそこコストかかるので、基本的には追加注文はしたくないところです。

吉野家の牛すき鍋膳まとめ

今は、690円ですが、昔はもう少し安かった気がします。クオリティ自体は、特に変わってない気がするので、原価や人件費の高騰が原因なのかなって思うので仕方がない部分もあります。

 

個人的には、味の好みはほっかほっか亭のすき焼き弁当がオススメです。こっちは、普段食べるすき焼きと味が同じです。価格はちょっと高くて税込み780円ですけどね。

 

まぁ吉野家は、どこでもあるチェーン店で24時間営業してるので、そこら辺がいいなぁって感じですね。価格を考えると吉野家の牛丼の並盛を日にち分けて注文したほうがコスパいいんじゃないかなって感じますね。

 

とりあえず、吉野家の牛丼は安いですねw