純正ストロボのメリットオススメはどれ?

一眼レフカメラの純正ストロボのについて

Cactus RF60X

写真撮影で上のようなストロボ(スピードライト)が一つでもあると、かなり写真撮影の幅が広がります。

 

カメラ本体以上にストロボ一つあるだけで、色んな写真を撮影することが出来ますので、早いうちに外部ストロボを導入すると写真撮影をより楽しむことが出来るようになりますよ。

 

ただ、純正ストロボCANONならCANONのストロボを買ったりすると、価格が高いのがネックになります。

 

例えば、CANONのストロボだと、上位のストロボで6万円近くします。

これプラス、ワイヤレスで発光するとなるとワイヤレストリガーも2万円ほどという金額で高いです。

僕も昔は、「600EX II-RT」2台と「ST-E3-RT」を使って、ストロボをワイヤレス発光していましたが、今は、GODOXというストロボメーカーを利用してます。

 

昔は、純正ストロボの方がスペックなども良かったんですが、最近は安価で良いストロボが純正以外に出てきたので、わざわざ高い純正ストロボを選ぶ必要性がなくなったという感じです。

コスパ最高のストロボは、GODOX

光量も「600EX II-RT」以上でチャージ速度も早いAD200がオススメです。

このスペックで、この価格帯はさすが中華ストロボです。

 

実際に両方使って見た感想として、価格を考慮しなくてスペックや使い勝手でも「AD200」の方が上だなと感じてます。

 

これから、外部ストロボを買いたいと思ってる方は、「AD200」を購入しておけば間違いないでしょう。

 

バッテリー持ちも、「AD200」の方が上で、費用も抑えることが出来るので、かなり良いですよ。

 

見た目もほぼ同じでスペックも似たようなのが良くて、もう少し価格を抑えたいなら、「V850II」もオススメです。 

 

ワイヤレスで発光させるためには、トリガーも必要です。

 

・CANON ワイヤレストリガー

・ソニー ワイヤレストリガー

 

ワイヤレスのトリガーは、メーカー用に合わせる必要性がありますが、ワイヤレスで発光する場合、ストロボはGODOXならどれでも発光させることが可能です。

 

僕は、SONYとCANONのカメラを利用してますが、ストロボはGODOXで併用することが出来てるので、色んなメーカーのカメラを使っている人ほど、純正ストロボを使うのはデメリットになると思います。