「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」の徹底比較

「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」の徹底比較

AirPods pro

appleから、ようやく待望のノイズキャンセリング機能が付いたワイヤレスイヤホンが2019年10月30日に発売されましたね!僕もめちゃくちゃ待っていたワイヤレスイヤホンなので、実際に使ってみた感想を率直にレビューすることにしていきますね。

 

今回、気になってる方々多いと思うのは、そこそこ好評のソニー「WF-1000XM3」と比べて、どんな感じなの?って気になる人が多いと思うので、僕が今まで使ってきた感想を交えて書いていきます。

 

はじめに両者を比べて結論から言うと、iPhone使ってるなら、Appleの「AirPods Pro」を買っておけば間違いないと言うレベルのクオリティの高さでした。もし、友人に「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」どっち買ったほうがいいと思う?って聞かれたら、「AirPods Pro」がオススメで買った方がいいと答えることでしょう。

 

その理由に関して、どんどん説明していきますね。

「AirPods Pro」は、めちゃくちゃコンパクト

AirPods pro

まずは、サイズ感になります。ソニーの「WF-1000XM3」は、ノイズキャンセリング機能もいいし、前までは、ノイズキャンセリング機能が優秀で完全ワイヤレスイヤホンは、あまり選択肢がありませんでした。

 

なので、多少大きくても仕方がないかって、不満を持ちながらも使用していた部分があります。イヤホン自体もそこそこサイズあるし、何より充電器がなかなか大きいのが結構きついところでした。

 

ちょっと軽くコンビニにいきたいからと言う感じだと、カバンとか持ち歩きたくないじゃないですか。なので、この充電器をズボンの後ろポケットに入れようと思っても、結構厳しい感じだったんですが、「Airpods Pro」は、めちゃくちゃサイズも小さくなったし、軽くもなったので荷物が軽量になったのは、本当に嬉しい部分です。

 

ソニーの「WF-1000XM3」の不満だった点、音とノイズキャンセリング機能はいいけど、サイズは不満だった点が改善されたのが、「Airpods Pro」って言う感じで、サイズ感からいい感じだなという印象を受けました。

「AirPods Pro」の付け心地も非常に良い

ソニーの「WF-1000XM3」と比べてですが、「Airpods Pro」は、はじめのイヤホンキャップでも、めちゃくちゃ付け心地が良かったです。

 

「WF-1000XM3」もはじめに付いてたイヤホンキャップのまま利用していたのですが、しっかり付けていても、ちょっと走ったりすると落としてしまうことが多くて、イラつくことが多かったです。

 

「Airpods Pro」は、イヤホン本体自体も軽いし、フィット感もめちゃくちゃ良いので、これなら走っても落ちることなんてないなって言うフィット感でした。付け心地は、最高レベルですね。今までのイヤホンでもトップクラスに良いと思います。

 

この「Airpods Pro」は、色んな人の耳の形にフィットするようにテストされて作られているので、かなりの人に安定してフィットするんじゃないかと思います。出来たら、店舗に行って実際に試してもらいたいですけどね。

「AirPods Pro」の外音取り込みが便利

正直、ノイズキャンセリング機能しか興味がなかったんですが、外音取り込み機能が便利だよって言う話を聞いてたので、僕も試しに外音取り込み機能を利用してみました。

 

そしたら、これは良い機能だなwと思いましたね。外音取り込み機能を使うとイヤホンを付けてるのに、外の音がめちゃくちゃクリアに聞こえるんです。こんな体験は、初めての体験で、初めてノイズキャンセリングイヤホンを使ったぐらい便利な機能だなと思いました。

 

言うまでもなく、アップル純正同士なので、本当に連携が楽なので、サクッと「ノイズキャンセリング」機能に変えたり「外音取り込み」機能に変更したりすることが出来るので、めちゃくちゃ便利です。

 

必要に応じて機能を切り替えすることが簡単なのはありがたいですね。僕は、腕時計をApple Watchを利用しているので、Apple Watchの連携も非常にスムーズで便利過ぎます。アップルは、アップル同士の機器を使い合わせることによって、日常が便利になることが多いので、アップル使ってる人は、アップル使う人がどんどん増えていくんだなと思いますね。

「AirPods Pro」の音質について

ここまで、「Airpods pro」ばかり、ベタ褒めな感想になりましたが、音質について解説していきたいと思います。

ノイズキャンセリング機能について

ノイズキャンセリング機能については、大きな差はあると感じませんでした。普通に「Airpods pro」のノイズキャンセリング機能も優秀だし、ソニーの方も十分聞いてるので、ノイズキャンセリングに関しては、文句はないレベルかなと思いました。

音質について

自分は、特に音質に拘る方ではないですので、そのままの思った率直レビューになりますが、音だけ見れば、ソニーの方が良いのかなと思いました。

 

ただ、メリハリがある感じで、「Airpods pro」は、普通にフラットな感じの音質なので、「Airpods pro」の音質が悪いと言う訳でもないので、普通に良い感じです。

「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」のまとめ

AirPods pro

ソニーは、金額が26000円でアップルは、30000円で、少し「Airpods pro」の方が高いです。ただ、僕は、4000円高くても「Airpods pro」をオススメしたいと思いました。

 

前までの普通の「Airpods」なら、圧倒的にソニーの「WF-1000XM3」をオススメしてたんですが、今回プロになって「WF-1000XM3」の欠点を潰して来てくれたものを出してくれたと感じました。

 

僕は、このノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンが欲しかったと言う感じのスペックを出してくれたので、今回のアップル「Airpods pro」は、非常に満足が出来るものでした。ただ、欠点は、連続4時間と再生という連続再生のバッテリー持ちは、あまり長くはないです。

 

自分は、一度にそんな長時間音楽を聞くことはありませんので、その辺は注意してくださいね。僕は、ソニーのヘッドホンと併用して利用していきたいと思ってます。