スタンディングデスクとステッパーの使用おすすめ

スタンディングデスクとステッパーの使用おすすめ

スタンディングデスク

写真の画像は、実際に自分が使用している作業環境になります。今までは、ゲーミングチェアに座ってパソコン作業をしていましたが、その時と比べても集中量が圧倒的に増えましたし、何より体力が付いたと感じます。

 

スタンディングデスクだけでも、結構集中力は増すんですが、同じ場所にずっと立ってるのも意外と疲れてしまったりします。この記事は、ステッパーを踏みながら作業してるんですが、普通に文章を打つことが出来ますし、丁度いい運動になっていい感じです。

 

スタンディングデスクを導入するなら、ついでにステッパーはセットで購入したいと思うぐらい買って欲しい道具ですね。これを使ってたら、運動不足とは無縁になれますし、ダイエット効果も非常に大きいです。

 

ダイエットのためだけに運動する時間を設けるのも、なかなか難しかったりしますからね。パソコン作業しながら、運動も出来るのはめちゃくちゃ効率がいいと思ってます。

 

ちなみにステッパーを利用してから、3カ月で体重が10kg痩せた結果、軽く腹筋も割れてきて、健康体になることが出来ました。

 

日頃から、運動不足だと感じてる方は、是非導入したいところですね。

ステッパーのオススメはこれ一択

正直、4万円という金額は安くはない金額ですが、1万円前後のステッパーは、すぐに故障してしまうため、そういったことも考えると多少高くてもいい物を買った方がいいです。

 

自分は、毎日数時間ぶっ続けで利用することもありますが、全然故障することなく使用することが出来てます。とはいえ、まだステッパーを導入して、3カ月ぐらいなんですけどね。

 

それでも、結構ハードに使用してると思いますが、ストレスなく使用することが出来てるので満足度は高いです。初めの頃は、購入するの辞めておいたほうが良かったと思う時もありましたが、購入してしまった以上、元を取るぐらい使わないと勿体ないと思って、毎日使ってたら購入して良かったと感じる商品の一つになりました。

 

毎日これを使いながら、読書をしたりパソコン作業をするだけで、凄く汗かくことが出来るので、めちゃくちゃいい運動になってることを感じることが出来てます。

室内に居ながら、1日3万歩~4万歩行くことも

結構、家にずっと引きこもって作業する日もあるんですが、ずっとステッパーを利用してると、それだけで1日3万歩~4万歩になってしまうことがあります。

 

歩数計算は、アップルウォッチがしてくれるんですが、どれだけ動いたかがすぐわかっていいですね。

 

ステッパーに慣れるまでは、適度に休憩を入れつつ作業しないと、一日が疲れてしまいますが、慣れてくるとずっとステッパーを踏みながら作業することが出来ます。

スタンディングデスクは、高さを変えることが出来るのを選ぶ

スタンディングデスク 手動

自分が購入したスタンディングデスクは、手動で高さを調整することが出来るスタンディングデスクでしたが、多少お金に余裕がある方は、電動のやつをオススメしたいところですね。ステッパーと普通に立ってる時では、高さを調整したい時があるので、サクッと変更出来る電動のスタンディングデスクがいいなぁって感じることがありました。

 

自分が使ってるスタンディングデスクは、IKEAのスタンディングデスクになります。

その前は、高さを変えることが出来ないサンワサプライ製のスタンディングデスクを利用してましたが、高さは変えることが出来るやつをおすすめしたいです。

その分、お金かかってしまうことになりますが、必要経費として割り切って投資してもらえれば、見返りは返ってくる商品ですよ。毎日使える道具で購入して良かったです。