音読のメリットや効果など3カ月実践してみて感じたことを書いてみた

音読のメリットや効果など3カ月実践してみて

音読 読書

自分は、読書が嫌いな人間でした。本読む時間があるなら、普通にゲームをしたり、遊んだりしてた方がいいと生まれてこの方ずっと思ってた方だったんですが、ある日を境に自分の生活に読書を取り入れることにしてみました。

 

理由としては、読書するメリットが非常に大きいと思ったところですね。基本的なことですが、「語彙力アップ」「コミュニケーション能力アップ」「ストレス解消」「正しい知識が身につく」「収入アップ」というのが世間一般的な読書のメリットと言われてる部分です。

 

その中で、自分が実感してるのは、「語彙力アップ」と「コミュニケーションスキル」の向上かなと思ってます。知ってる知識が増えたお陰で、普段やり取りしなかった人でも、結構話すことが出来るようになったりしました。

 

とはいえ、元々知らない人と話すのは得意ではない方なので、まだまだ苦手意識はあるんですが、読書をすることによって、コミュニケーションの方法を学んだりしていくことによって、苦手な部分も克服ことが出来るようになってくと思います。

読書することによって、ダイエットに成功した

ダイエットに関する本は、いつか読んでましたが、その中で実践して役に立った本を紹介します。ここに書いてることを実践するだけで、ダイエットも成功することが出来ました。

 

具体的には、3カ月で9.5kgのダイエットに成功することが出来たので、なかなかの成果だったんではないかと思います。しかも、厳密に実践出来なかったのに、この結果なので横道にそれることなく、実践することが出来てたら、もっと痩せてたかもしれません。

 

ちなみに、この書籍に書いてる一部のダイエット方法については、こちらの記事でも書いてるので、参考程度に見てもらえればと思います。

リーンゲインズ2カ月間の実践で-6kgの効果を達成

2019.05.04

音読を3カ月やって、実感したことについて

ちょっと話がそれてしまいましたが、ここからが本題の読書を黙読ではなく音読でやって実感したことについて書いていきたいと思います。

 

音読は、だいたい毎朝30分以上エクサーのステッパーを踏みながらやってました。

これにより、運動しながら、読書でインプットしつつ、音読によってアウトプットも出来る1石3鳥的な、3つのメリットを得ることが出来ました。

 

歩きながら本を読書すると、血行がよくなって記憶力も向上すると言われており、非常に効率が良い学習方法だったりします。ただ、普通に外で本を読みながら、歩くのは危険行為になりかねないので、そこで使うのがステッパーなわけです。

 

自宅に居ながら、運動しつつ読書が出来るようになります。普通は、そのまま黙読で本を読む方が多いかと思いますが、自分の場合は、音読を取り入れてみることにしたんです。黙読のみでは、インプットのみで終わってしまうので、音読を取り入れることによって、アウトプットも同時に行うことが出来れば、もっと効率良いんじゃないかってね。

 

なので、この作業をほぼ毎日ずっと継続して作業しました。一番の目的は、ダイエットもあったので、挫折することなく進めることが出来ました。ダイエットは、数字でハッキリわかるので、数字でわかる目標が一つあると、ちょうどいいのかもしれません。

音読スピードの上昇と言葉に詰まることが少なくなった

音読は、小学生以来のことですが、非常に苦手な分野でした。自分の番が回ってくるのが、毎回嫌だなぁって感じてやってましたね。案の定、苦手なんで言葉に詰まりながら、音読してたという記憶があります。

 

今なら、毎日することが日課になってますので、問題なく取り組むことが出来るのになぁって思ってますw

 

ただ、カタカナとか日常的に使わない言葉が出た時は、まだちょっと詰まる時がありますね。基本的には、ゆっくり音読すると時間が掛かり過ぎるので、出来るだけ早く音読する高速音読で行うことが増えてきました。

カラオケが上手くなった?

これは、メリットとして意識してなかったことですが、久しぶりにカラオケに行った時、以前よりもスムーズに歌えるようになってるし、高い声も出るようになった気がしました。

 

毎日、音読してたら、普通に会話するより言葉にする回数増えることもあるので、ちょっとしたメリットなのかなぁって思いました。

判断力、記憶力が上がった

以前よりも、判断スピードや合理的な判断が出来るようになったと感じます。ただ、まだ3カ月程度では、劇的に変化したと感じることは少ないかと思います。

 

また、記憶力に関しては、音読している分、読書した本の内容をある程度覚えることが出来てる感じがします。

 

黙読と比べると読むスピードは、落ちてしまいますが、本を大量に購入するのもお金かかってしまうので、ゆっくり音読するのは、金銭的にもメリットがあるかなぁって思ってます。

音読のメリットまとめ

現在、だいたい平均にして月5~10本ほど、音読で読書してます。黙読で読書をするのは、電車とか外にいる時だけにして、基本的には音読です。

 

音読は、結構実践しやすいですし、効果もなかなかあると感じることが出来ることなので、一度実践していただければと思います。

 

自分が音読をはじめた一番の理由としては、滑舌の改善とコミュニケーション能力の向上のためだったので、もっと継続して良くしていきたいなってやっていきます。