SONY α9 ILCE-9が電源が入らない故障になったので修理した話

SONY α9 ILCE-9が電源が入らない故障について

カールツァイス 35mm

今、メインで使っているミラーレス一眼カメラがα9ですが、この前この「α9 ILCE-9」がいきなり落下させたり、水に濡らしたという訳でもなく、いきなり電源が入らなくなるという故障が発生したため、ソニーストアまで持って行って修理の見積もりを出してもらい修理してもらうことにしましたので、今回はカメラの修理に関しての記事としてまとめてみました。

 

今まで、多少カメラの調子が悪い時はありましたが、完全に電源が入らないなどといった故障などは、初めての経験でした。まぁ8年も写真撮影をしてたら、たまには故障するカメラも出てくるのは仕方がないかなっていうところもありますよね。

 

とりあえず、今回は電源が入らないという故障だったので、ソニーストアでも確認してもらい、その場でも、バッテリーを交換しても電源が一切入らなかったため、故障の修理となりました。

 

「α9 ILCE-9」の電源が入らないという、症例は他にもなかったみたいなので、どれぐらい料金がかかるかどうかは、その時点ではあまりわからなかったので、ひとまず見積もりを出してもらうことになりました。

カメラの見積もりは、約2日ほどで出ました

ソニーストアに持ってから、カメラの修理見積もりを出してもらいましたが、見積もりが出るまでは、約2,3日ほど掛かりました。見積もりが出てから、分解して基板を交換しないと行けないのと、シューの部分の部品腐食があったということなので、そちらも交換するということで、見積もり価格は、約3万円ほどと連絡が来ました。(プロサポートの割引額で)

 

そこそこの金額でしたが、結局交換しないことにはカメラを使うことが出来ないということだったので、とりあえず修理をしてもらうことを決定しました。

 

修理に掛かる日程は、だいたい7日~10日間ぐらいかかるのが相場ぐらいです。

実際は、3日ほどで修理完了して手元に戻ってきました

α9 故障修理

見積もりが出てから、修理を確定してもらって、約3日には修理完了の連絡が来ました。思った以上に修理のスピードが速くてびっくりしましたが、たまたま他の予定修理が少なかったとかがあったんかなって思ってます。

 

何はともあれ、予想以上よりも早く修理してもらって、元に戻ってきてよかったです。ソニーのカメラは、色々設定を弄ることが出来るので、また再度設定をやり直しするのは、手間ですが、仕方がないところですね。

 

カメラ自体は、普通に撮影している範囲なら、滅多に故障するものではないのですし、機材によって、早く壊れたりずっと壊れなかったりの個体差はあるので、仕方がないと思ってます。

 

それにしても、基盤の故障は、結構部品代が高いですね。普通の部品はそれほど高くないみたいです。今回は、プロサポートに入っていたお陰もあって、修理費用が半額になったのは助かりました。