ソニーの瞳AFはポートレート撮影で凄い使える機能なのでおすすめです

ソニーの瞳AFは、ポートレート撮影にめちゃくちゃ使える

135mm ポートレート撮影

自分がミラーレス一眼カメラをメインとして利用するきっかけの一つになった機能が、「瞳AF」という機能です。

 

この「瞳AF」という機能は、自動的に人物を撮影撮影する時に瞳を認識してくれる機能で、これを使うと人物撮影のピント合わせが、めちゃくちゃ簡単になりました。

 

今まで、CANONの1D Xとか5D mark 4とかを使っていましたが、それらの機種と比べても、簡単にいい写真を撮影することが出来て、失敗写真の確率を大幅に減らしてくれるようになったので、カメラを新しく買って良かったです。

ポートレート撮影のピントの基本は目に合わせる

ポートレート撮影は、手前の目(まつ毛)にピントを合わせるのが基本的なセオリーなんですが、単焦点レンズでF値が小さい設定で撮影すると、ボケる分ピントが合う範囲が狭いため、目からピントを外してしまうことがあります。

 

ピントを外してしまうと、せっかくいい感じに撮影出来ていた写真も、微妙な感じになって失敗した写真になってしまうことがあります。

 

また、一瞬でピントを目に合わせることは、なかなか難しかったりしますが、「瞳AF]という機能を使えば、これがめちゃくちゃ簡単に出来るようになりました。

瞳AFを使いたいなら、SONYのミラーレス一眼カメラ一択

瞳AFの機能は、SONY以外にもあったりしますが、反応速度やAF精度を考えるとまだまだSONYのカメラ一択になります。また、SONYのカメラならどれでもいいかって言われると、それも違ったりします。

 

瞳AFがストレスなく、使えるレベルのカメラはこちらのカメラです。

ちなみに、自分が使っているメインカメラはこちらです。

こちらの動画は、自分がソニーのカメラを購入する時に、参考にさせていただいた動画になります。

動画を見て頂ければわかりますが、すぐに瞳を認識してくれて、めちゃくちゃ速くAFを合わせてくれます。この様に子供が、素早く動くような場合でも、これだけ認識してくれればピントを外すことは、かなり少なくなります。

 

一眼レフカメラの場合は、こんな動いた被写体は、ピント合わせに苦労してましたが、瞳AFを利用すれば構図などに集中して写真撮影することが可能です。普通はピント合わせに集中して、他のことまで気にする余裕がなかったりします。

 

ピントに集中しなくて済むと、他のことに集中することが出来るので、いい写真を撮影出来ることがよりしやすくなりますね。

瞳AFの精度や速度はどんなもん?

Youtubeの瞳AF動画を見れば、どれだけすぐにAFを合わせてくれるかはわかったと思いますが、実際にどれぐらいピントが合っているかの精度が気になりますよね。

 

瞳AFの精度は、一眼レフカメラを圧倒的に超えている

 

自分が実際に体験して思いましたが、一眼レフカメラで写真を撮影して家でパソコンにて確認して、はじめに思ったのが、ピントを外す確率が圧倒的に減ったことでした。

 

この写真、結構いい感じに撮影出来ているのにな~って思う写真があっても、ピントが甘かったりすると残念ながら使えない写真っていうのがあったりしましたが、ソニーのカメラに変えてからは、ピントが外れて使えないっていう写真は、めちゃくちゃ減りました。

(柊せんせー)
解放で撮影してても、ピントは9割以上は合ってるぐらいなイメージです。

解放のF1.4クラスで撮影していると、めちゃくちゃピントが合う範囲が狭いため、ちょっとピントが甘いかなって感じることはたまにありますが、全然使えないレベルっていう写真は減ったので、これだけでも一眼レフカメラからミラーレス一眼カメラに乗り換えた価値があります。

 

ちなみに、一眼レフカメラは5D mark4とか1d Xとかいった、CANONのフラグシップレベルの一眼レフと比べても、ソニーのカメラの方が上だと感じてます。

5D Mark IV コスプレ撮影についてのレビューと作例

2017.12.23

実際に瞳AFで撮影したコスプレ写真作例

50mm f1.4

こちらは、50mm f1.4の開放で撮影してますが、解放からでもガンガン撮影してもピントめちゃくちゃ合うのでヤバいです。一眼レフカメラで撮影する時は、F1.4のレンズを使用していても、AFだとピントを外す可能性が高いので、基本的にF2ぐらいまで絞って撮影することが多かったですからね。

 

ミラーレス一眼カメラに変更してからは、何の心配もすることなくF1.4で撮影しまくることが可能になりました。

 

一眼レフカメラの場合は、f1.4で撮影するとピント外れることがかなり多かったので、調整せずに、そのまま使えるのはありがたいですね。

瞳AF コスプレ

この写真は、結構動いてもらっていて動いている最中に写真を撮影したんですが、瞳AFなら簡単にピント合わせすることが可能です。自由に動いてもらって撮影したんですが、ピントも外すことなく撮影することが出来ました。

瞳AF コスプレ

これぐらい被写体が小さくなっても、瞳AFは反応してくれます。

 

場合によっては、普通の顔認識になったりしますが問題はピントを外すかどうかです。ピントは、だいたい合ってくれるので、サクッと撮影して失敗した写真も少ないので、何度も撮りなおしする必要性が減ったので、撮影時間を短くすることも出来たりしました。

α9 コスプレ

ちょっと暗い中の撮影でも、AF精度は落ちません。一眼レフカメラの時よりも確実に上なので、AF精度とAFが合う範囲は、ミラーレス一眼カメラの方が上です。ミラーレス一眼カメラになって大きなメリットとして、現場でいちいち写真のピントを確認することがなくなったので、撮影に集中することが出来るようになりました。

 

カメラ自体の反応速度などは、まだ一眼レフカメラの方が機敏に動く感じがしますが、通常の撮影では、特にストレス感じることなく、ほとんどの方が撮影することが出来るかと思います。

135mm F1.8 DG HSM コスプレ

こちらの写真は、瞳AFを使ってない写真です。というか瞳AFが機能しなかったやつですね。目が片方隠れてたりする場合は、瞳AFは機能しないことがわかりました。

 

そういった時は、瞳AFを利用せずに普通に撮影するだけです。

 

瞳AFを利用しなくても、AF精度は高いです。ただしα7IIとか、ちょっと前のミラーレス一眼カメラだとAFが遅かったり、精度もちょっといまいちだったりするらしいので、購入するならα7III以降のカメラを購入するのがオススメです。

瞳AFのまとめ

瞳AFは、本当にヤバい機能です。

 

これを利用すれば、誰でもプロ並みの写真が簡単に撮影出来るといってもいいじゃないかと思えるレベルです。勿論、本当のプロは色々な技術を持っているので、これだけでプロを超えるっていうわけではないですが、めちゃくちゃいい機能なのは間違いないです。

 

是非、一度体験してもらいたい機能の一つですね。再度言いますが、同じ瞳AFでもカメラによって、精度や認識速度が全然違うみたいなので、自分がめちゃくちゃオススメ出来るのは、こちらのカメラ2台の瞳AFですのでお間違いなく!

自分が使っているメインカメラはこちらです。