EOS Rキヤノンのフルサイズミラーレス一眼カメラは購入すべき?

EOS Rキヤノンのフルサイズミラーレス一眼の発表

EOS R

ついに、ニコンに続いて2018年9月にキヤノンもフルサイズミラーレス一眼カメラの発表がありました。現在、CANONの一眼レフカメラとSONYのミラーレス一眼カメラを利用している自分が発表されたスペックを見てレビューを書くことにしました。

EOS Rの価格と発売日は?

参考価格は、23万7000円で発売は10月下旬に発売予定になります。予約は、9月12日から開始されます。ニコンのフルサイズミラーレス一眼の売れ行きを見ると、Canonのフルサイズミラーレス一眼も結構売れると予想してますので、発売日に欲しい方は、今から予約しておいた方がいいかもしれないです。

 

ニコンのZ7が9月下旬発売、Z6が11月下旬発売予定なので、ちょうど真ん中ぐらいに発売される感じですね。

 

ともかく、これでCanon,nikon,sonyとフルサイズミラーレス一眼が出そろうことになったので、ミラーレス一眼カメラを購入する時、どれを購入するか悩むかもしれません。

ミラーレス一眼は、全て新マウント

今までのマウントは、利用することが出来なく、どのメーカーのフルサイズミラーレス一眼を購入しても、新しくレンズを購入しないといけないようになってます。ただ、マウントアダプターを利用すれば、今までのレンズも互換性はあるみたいなので、マウントアダプターを使ってもどれだけ動くかどうかって感じですね。

EOS Rの優れているスペック

EOS R

基本的なスペックは抑えている感じです。

 

特にAFセンサーのポジションが5656あるという数が凄いです。また、EV-6のAFは、今までにないレベルのため暗闇でも、ほとんどAFが迷うことなく撮影出来ると考えられます。

瞳AFも搭載

瞳AF

ソニーのカメラで役になっている瞳AFです。精度は、どれぐらいあるかは使ってみないとわからないですが、この機能が入ってるのはいいですね。

EOS Rは、購入すべきか?

思ってたより価格自体は、抑えられている感じがしますし、スペックも十分なレベルだったりしましたが、「EOS R」もニコンと同じでメディアがシングルスロットっぽいです。

 

自分がメインで利用するには、デュアルスロットは必須なため、「EOS R」は待つすることに予定です。

 

今回ある程度価格を抑えたカメラを出してきたので、次に出るのはプロ向けにデュアルスロットで、もっとすごいカメラが出てくるんじゃないかと予想しています。自分が期待するのは次出るカメラですね。

 

実際に、発売されて実機を触っていい感触なら購入する可能性もあるかもしれないですがw