一眼レフカメラは、ストロボ撮影を利用することで撮影の幅が増えます

写真の幅を増やしたいなら、ストロボ撮影してみよう

はじめ一眼レフカメラを手に入れると、スマホやコンデジとは違い背景がボケた写真が簡単に撮れるようになって、プロっぽい写真が簡単に撮影するように出来ます。

 

こういった写真は、スマホなどでは撮影することが出来ないため、一眼レフカメラで撮影するメリットだったりします。

背景がボカす写真が撮れるようになって、更に色んな写真を撮影したいと思うなら、次はこの様なストロボを利用することをオススメします。

スピードライト 600EX II-RT

こういったストロボを利用することによって、今まで撮れなかった写真を撮ることが出来るようになっていきます。ちなみにこのストロボは、通常カメラの上に付けて使うものですが、それでは撮影の幅を大きく増やすことはしにくいため、ストロボは、カメラから離してワイヤレスで発光するのがオススメです。

 

 

ワイヤレスで発光させるためには、別の機材が必要だったりします。Canonの場合は、CanonのストロボとST-E3-RTを利用することによって、ワイヤレスでストロボを発光することが出来るようになります。

ST-E3-RT

ストロボをワイヤレスで発光するとこんな写真が撮れます

ストロボをワイヤレスで発光することによって、自分自身で様々な光を作りだすことが出来るようになるため、本当に色んな写真が撮れるようになります。

 

 

ストロボを普通に前から、当てた場合

園田海未 コスプレ

後ろ2灯ストロボを使いカラーフィルターを利用すると、こんな感じで撮影することが出来るようになったりします。

園田海未 コスプレ

ストロボを利用するだけで、色んな写真を撮れるようになりますので、写真撮影が楽しくなっていきます。慣れるまでは、ストロボ撮影は難しく感じるかもしれませんが、この辺は撮影の経験数によって、どんどん出来るようになってくる部分もあるので、まずはとにかく写真撮影することが大事です。