Macbook proキーボードカバーの必要性とオススメ商品レビュー

Macbook proキーボードカバーの必要性とオススメについて

自分は、今現在Macbook Pro 13インチ2017年のを利用してますが、このモデルはキーボードの不具合が多いと言われてます。具体的には、キーボードが利かなくなったり、タイピング時の音が問題らしいです。

 

一番の問題点は、キーボードを打っても反応しないことです。

 

これは、ちょっとしたホコリなどがキーボード内に入り込むことにより、キーボードに不具合が出るみたいです。そんな状態だと、安心して外で使うことがなかなか出来ませんので、「MacBook Pro 2017」や「MacBook Pro 2016」を所持している方は、ゴミには気を付けて利用しないといけないということらしいです。

キーボード不具合になるまえに

キーボードの不具合は、ゴミが入り込みやすいから起こることですので、ゴミの混入を防ぐためには、キーボードカバーを利用するのが一番の対策になります。

 

キーボードカバーを利用すると、若干打ちにくくなる問題がありますが、故障するよりもいいと思います。

 

また、キーボードカバーを利用することにより、綺麗な状態で使うこと出来ますし、長い期間MacBook Proを利用することが出来ます。

オススメのキーボードカバーの紹介

キーボードカバーは、安い物だと1000円を切るような安価な商品もあります。

 

安い物は、安いなりの理由があったりしますので、自分は初めから評判がいい高めのキーボードカバーを利用することにしました。

 

これを購入して、このキーボードカバーを利用して満足出来ないなら、もうキーボードカバーの利用は諦めるしかないという感じで、はじめからいい物を選択しました。

 

その商品が、こちらになります。

 

moshiのキーボードカバーの感想

実際に利用してみて思ったことは、やっぱりキーボードカバーがあると若干打ちにくいと感じましたが、このキーボードカバーを利用してるなら、他のキーボードカバーを利用しても、これよりはよくならないだろうと思ったので、諦めて利用してます。

 

とはいえ、全然文章打つのが出来ないという感じではないので、ある程度タイピングして慣れたら問題ないかなぁ~って思ってます。

 

 

普段は、デスクトップパソコンのキーボードで文章を打つことが多いため、Macbookで文章を打つこと自体がたまにしかないので、元々Macのキーボードに慣れてないっていうのもあるかもしれません。

 

 

Macbookでよくタイピングする人は、キーボードの不具合にならないためにも、キーボードカバーは安心のために利用する方をオススメします。

 

 

綺麗な状態で利用しておけば、買い替えの時などで高く販売することも可能ですしね。

 

 

ちなみに、キーボードカバーを利用すると、タイピングの音は静かになったと感じました。これなら、静かな環境でタイピングしても、周りに気を使うことなく利用することが可能ですね。

MacBook Proのキーボード不具合問題に無償修理

2018円6月22日にMacBook、MacBook Proで利用されているバタフライ構造のキーボードに不具合があるということで、不具合が出た場合は、無料で修理してくれるというサービスが開始されたみたいです。

対象モデルについて

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

上記以外のモデルは無料修理の対象外になりますが、上に記載したMacBookの場合は、キーボードに不具合が出た場合、無料修理の対象になるみたいです。

不具合の症状について

・文字の入力が出来ない

・文字が勝手に入力される

・押したキーがスムーズに返ってこない

・キーを教えても反応がない

などといった症状です。

保証期間について

小売販売日から4年間適用されるっていうことらしいので、結構長い期間の間、無料保証してくれることがわかりました。

無料修理してくれるとはいえ

無料修理してくれるとはいえ、パソコンを一旦預ける必要性があるので、その間パソコンを利用することが出来なくなります。それでは、やっぱり面倒なことには変わらないので、出来れば不具合が起きない方が一番ベストですよね。

 

なので、自分はそのままキーボードカバーを利用し続ける予定です。

 

どうしても、キーボードに慣れない場合は外すかもしれないですけどねw

 

無償修理について詳しくは、アップル公式に乗ってますのでURLを載せておきますね。

https://www.apple.com/jp/support/keyboard-service-program-for-macbook-and-macbook-pro/