SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Artを購入しないと決めた理由

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Artを購入しないと決めた理由

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art

2018年6月14日に発売した「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art」を実際に店舗まで行って触ってきたので、ちょっとした感想レビューを添えて記事として書こうと思います。

 

SIGMA公式には、こんなことが書いてました。

解像力とボケ味にこだわり抜いた
フルサイズ用Art F1.4シリーズ最長焦点距離の
「BOKEH-MASTER」、登場。

「ボケ・マスター」というぐらいなので、ボケは凄まじいという感じです。

 

105mm F1.4の単焦点レンズは、他のレンズから見てもボケ量的にはトップクラスのボケ量のレンズになります。

 

これより上のレンズは、200mm F2とかになってくるので、比較的手持ちで持てる範囲なら、今回の「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art」がベストかなって感じですね。

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Artの基本スペック

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art 価格
基本スペック

・フィルター径 105mm

・重量 1,645g

・最少絞り F16

・最短撮影距離 100cm

・価格 17~19万円前後

ポイントがない店舗で最安値を狙えば17万円代で手に入るかもしれません。

 

今回の「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art」は、単焦点レンズにしてかなり大きくて重いレンズになります。

 

ちなみにこのレンズの重さは、70-200mm f2.8よりも重たいレンズになります。ナナニッパでさえ、1,490gですので、ずっと手持ちで撮影するのは、結構疲れてくると思います。また、この重たさで単焦点レンズなので、ズームすることが出来なく自分で色々動いて撮影する必要があります。

 

何より重たいレンズは撮影している時よりも、撮影場所に移動したりする時が大変だったりします。このクラスのレンズを持ち運びするなら、キャリーケースを利用したいかもですね。

 

また、フィルターも105mmというかなり大きなフィルターが必要なため、保護フィルターを付けるなら、フィルターだけでも結構高くついてしまいます。

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Artを購入しない理由

今回、実際このレンズを使ってみて思ったことは、少しAF速度が遅いと感じました。

 

ただ、使ったカメラがEOS 6Dだったので、別のカメラで利用すれば、AF速度が変わるかもしれないので、普段自分で使っているカメラで使わないとわからない部分でもあります。

 

今回この「105mm F1.4 DG HSM Art」を購入しないと決めた理由は、似たような焦点距離のレンズは、シグマの135mmを既に持っていて「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art」は、今の所不満がなく満足しているため、わざわざ高いお金を出してまで「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art」まで購入する必要性はないと感じました。

 

「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art」は、ほどほどの重量で焦点距離も135mmとポートレートにもいい感じで使えるレンズです。価格も135mmの方が安く使いやすいと思ってます。

 

また、自分的にもある程度、望遠側のレンズの方が好みの写真だったりするので、135mmという焦点距離のレンズが好きです。

 

ちなみに、135mmを使用して写真を撮影した記事は、こちらで上げてますので、こちらも確認してみてください。

 

10万円ちょっとで購入することが出来て、レンズの大きさもちょっと大きいぐらいでコスパもよくていい感じですよ。

Sigma 135mm F1.8 DG HSMでコスプレ撮影の作例レビュー

2018.04.06

135mmを使わない時は、FE70-200mm F2.8を使うことも多いです。ナナニッパも大きくて重たいレンズではありますが、どこでも撮影しやすいレンズなので、こちらのレンズもオススメですよ。

FE 70-200mm F2.8 GM OSSでポートレート撮影のレビュー作例

2018.08.12

でも、実践で「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art」使える機会があれば、試してみたい気持ちはありますねー。ただ、17万円は少し高めかなって思います。

 

でも、シグマのART単焦点レンズはどれ選んでもいいレンズですねー。