一眼レフカメラの雨対策について防水方法の商品紹介

一眼レフカメラの雨対策について

一部、高価な一眼レフカメラは、防塵防滴仕様だったりしますが、それでもあまり雨に濡らして撮影し続けることは避けたかったりします。メーカーが謳っている通り防塵防滴だから、雨でも大丈夫と過信し過ぎると意外と簡単に壊れて動かなくなるもんです。

 

緊急時、多少雨に濡れて撮影することはあっても、長時間雨に濡れての撮影は、故障のリスクを高めてしまうので雨対策をしっかりして写真撮影してみてください。

 

雨だと、写真撮影するのもめんどくさく感じるかもしれないですが、雨でしか撮影することが出来ない写真もあります。

雨対策さえすれば、雨でも撮影出来る

ちょっとした時間撮影する程度なら、タオル一枚あれば結構雨を防ぐことが出来ます。通常の雨の場合なら、傘を差しながら無理やり写真を撮り続けることも可能です。撮影会の時、急にめちゃくちゃ雨が降ってきた時は、折りたたみ傘を差しながら撮影したこともあります。

山吹りょう 水着

モデルの方も傘を差しながらの撮影でしたが、こちらも傘を差して撮影してました。傘を差しながらの撮影は、意外といけるって思いましたので、とりあえず常に折りたたみ傘は持つようにしてます。

しっかり一眼レフカメラの防水対策をするには

傘は、ちょっとした雨程度なら大丈夫っていうところですが、直接カメラ本体に水がかかる可能性があるような場合は、こういった商品がおすすめです。

このレインカバーなら、レンズも一眼レフカメラも水から守ることが出来るので、直接カメラに水がかかるような撮影でも写真撮影することが出来ます。下は空いてますし、防水ケースとかではないため、水の中での撮影とかは、不可能ですがこのレインカバーがあれば、通常の水撮影なら十分使える商品です。

実際に雨撮影した写真作例

こういった写真は、雨の時でしか撮影することが出来ない写真です。

 

雨撮影
雨撮影
カラーフィルターとストロボを利用すると、水に色を付けることも可能です。
雨撮影 コスプレ

一眼レフカメラ雨撮影まとめ

雨撮影は、普通の風景とかでも出来ますし、ポートレート撮影でもすると面白いです。雨の時は、カメラを持っていくこと自体面倒だと感じますが、雨でしか撮影出来ない写真を撮影するのもいいですね。

 

あまり雨の時は、撮影しないようにしているので、今後は色々雨の時でも撮影出来ればいいなって思います。