一眼レフカメラを水没させた時の対処方法について

一眼レフカメラを水没させた時の対処方法について

今回は、知り合いの方が一眼レフカメラを水没させた時の話をします。雨の中で撮影したというレベルではなくて、川でガッツリレンズとカメラごとガッツリ水没したということらしいです。

 

水没させながら撮影し続けてたということらしいので、どれだけ集中して撮影して気が付かなかったんやって思いましたw

 

結果、壊れたみたいでした。結構高いカメラで防塵防滴はあるカメラですけど完全に水に浸かってしまうとダメみたいですね。

 

水没させたカメラは、こちら

水没した一眼レフカメラは、復活する?

防湿庫

完全に一眼レフカメラを水没させた場合は、電源は入れずに暫く完全に乾燥させるまで放置することをオススメします。

 

中に水が入ってる時に、電源をONに入れてしまうとショートしてしまう可能性があるらしく、それで完全にカメラが壊れてしまう可能性があるということです。

 

カメラを水没させても、完璧に乾燥した状態で電源を入れたら、復活したという報告も結構聞いたので、水没させてしまった時は、1,2週間はしっかり乾燥させると大丈夫な場合があります。

知り合いのカメラは、電源も入ってある程度は復活

カメラを水没させてしまった知り合いの方は、1週間程度防湿庫で放置して様子見していたらしいです。一応、電源も入るようになって使えるようになったみたいですが、シャッターボタンを教えても半押しのAFが利くようになっただけで、シャッターは切れなかったみたいです。

 

完全に壊れてはないけど、状態としては微妙なところみたいですね。バッテリーグリップをつけたら、そっちの方ではシャッターが切れるみたいなので、シャッターボタンの不良になってるみたいでした。

 

なので、水没させて完全に乾燥させたら復活する可能性もあるけど、壊れてしまう可能性も普通にあるっていう感じですね。水没させたのにも関わらず復活出来たら運が良かったっていうことです。

レンズは、水没させたら使えない

一眼レフカメラのレンズの方ですが、レンズは水没させてしまうと中の方が曇ってしまい撮影することは不可能になってしまうらしいです。

 

なので、レンズに関しては水没したら終了だと思ってください。

 

もし、復活させたい時は、メーカー修理に出すしかないですが、結構高くつくと思いますので安いレンズなら購入したほうが安く済むかと思います。一応、AFとかは利かないけど、曇った感じでマニュアルでならジャンク品として、撮影することは出来る感じでした。

 

捨てるとかいってたので、レンズは一応貰っておきましたw

事前対策が大事

基本的には、カメラは濡らしてしまったら壊れる物だと思って、取り扱いするしかないと思います。普通の雨でも、ミラーレス一眼カメラとかは、結構危険だと考えてますので濡れない対策は必要です。

 

あとは、写真を撮る時あまり撮影に集中し過ぎないことも大事です。一眼レフカメラならファインダーをのぞき込みながら撮影していても、両目開けて片方の目でどんな状況か確認しつつ撮影したりする必要性があります。

 

ファインダーのぞきながら移動したりすると、ちょっとした段差とかも気が付かないこともありますので、注意しながら撮影してみてください。

一眼レフカメラを水没させた時のまとめ

水没 一眼レフ

・水没させたカメラは、完全に乾燥させるまで電源入れない

・レンズは、水没させたら復活しない

・動かない場合は、メーカーに修理出すしかない

 

一眼レフカメラは、防水性能はないため水には濡らしてはいけません。水がある場所で撮影する時は、ぐれぐれも水没させないように気を付けてくださいね。

 

ちなみに、防滴がある一眼レフカメラでしたら、多少の雨ぐらいでは普通に撮影することが出来ることが多いです。完全に水に浸かってしまった時がまずい感じです。

メーカー修理不可でした

その後、CANONのサービスセンターに行って、シャッターボタン押しても撮影出来ないっていうことで修理に出してみたらしいですが、中の腐食があって修理不可として戻ってきたらしいです。

 

勿論、修理も出来る場合もあると思いますが、今回はなぜか修理不可として返送されたみたいです。

 

カメラは、水に弱いので絶対に濡らさないように水辺で撮影する時は気を付けてくださいね。