一眼レフカメラに保護フィルムは必要?おすすめはガラスフィルム

一眼レフカメラに保護フィルムは必要?

液晶カバー

自分が一眼レフカメラを購入したら、まずセットで購入している商品の一つが保護フィルムです。

 

ニコン機には、元々液晶を保護するプラスチックがあるため購入したことはなかったですが、CANONの一眼レフカメラには、写真にあるような液晶カバーがないため、保護フィルムを利用することにしました。

 

カメラは、安い物ではなく高い商品ですから、購入したらしっかり保護して使ってもらえたらと思います。1000円ちょっとでカメラを保護出来るので、保護フィルムは必須といってもいいですね。

 

液晶に傷がついてからでは、遅いためスマホの保護フィルム感覚で、はじめの方にセットで購入すべき商品の一つです。

液晶保護フィルムよりも保護ガラスがおすすめ

液晶を保護する商品は、ただのフィルムとガラスフィルムがあるんですが、断然ガラスフィルムをオススメします。

ソニーのカメラにはこれ

 

ガラスフィルムの場合は、付けてないのとほぼ同じぐらいの綺麗さで見ることが出来るところがいいですね。

傷が付きにくい表面高硬9H

通常の保護フィルムだと、細かな傷がつきやすいです。

 

ガラスフィルムの場合は、ガラスなだけあって簡単には傷が使いないようになってます。一度、買ってフィルムを張ってしまえば、落としたりしてフィルムを割ったりすることがない限り、ずっと使うことが出来るぐらいの耐久性があります。

張りやすい

ガラスフィルムは、気泡が入りにくいようになってますので、適当に張ってもあまり気泡が入ることがないです。

一眼レフカメラに液晶保護フィルムは必須

一眼レフカメラの液晶って、ちょうどボタンに当たったりするので、保護してないと傷付ける心配があります。保護フィルムさえつけておけば、そういった心配もすることなくガンガン撮影に使うことが出来ますね。

 

液晶保護フィルム自体は、1000円ちょっとぐらいの商品なので、必ず購入して液晶を保護するようにしてくださいね。

 

自分のカメラも全て液晶フィルムは張ってますよ。