新型EF70-200mm F2.8L IS III USM とEF70-200mm F4L IS II USMがリニューアル

新型EF70-200mm F2.8L IS III USM とEF70-200mm F4L IS II USMがリニューアル

昨日、CANONから新型のEF70-200mm F2.8L IS III USM とEF70-200mm F4L IS II USMが販売されることが発表されました。両方とも、そこそこ古くなってきたので、そろそろ新型のレンズが出るんじゃないかと噂されてましたが、ようやくリニューアル品が出てきたっていう感じです。

 

自分は、現行機EF70-200mm F2.8L IS II USMを所持してます。発売日は、2010年3月19日の商品なので、もう8年前のレンズになりますね。

 

EF70-200mm F4L IS USMは、発売日、2006年11月23日なので、こちらのレンズは、かなり古いレンズだなっていう感じですね。

 

自分は、F4通しではなく、F2.8通ししか使ってないのです。

EF70-200mm F2.8L IS III USMのスペック

・最短撮影距離1.2m

・フィルター径77mm

・手振れ補正 3.5段

・重量 約1、480g

・価格 税別30万円

・発売日2018年9月中旬

といった感じです。

 

ぶっちゃけ、スペック」的には、前の2型とほとんど変化がなく、進化してるところは少ないです。

 

2型は、あまり逆行には強くなかったので、今回の3型は逆光に強くなると思いますが、それだけの変化だと正直がっかりかなっていう感じですね。

 

 

価格も高いので、現在2型持ってる人は、わざわざ買い替える必要はないと思います。

 

 

今回、リニューアルするなら、最短撮影距離1m 手振れ補正4段以上といった思い切ったスペックで出して欲しかったなぁって感じですね。ちなみにソニーの現行機FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GMは、最短撮影距離0.96mなので、かなり寄って撮影することが出来ます。

 

自分がオススメしたいのは、今回新型が出るっていうことで旧型の2型EF70-200mm F2.8L IS III USMが安く中古で出回るようになるんじゃないかと思ってます。2型でも、かなりいいレンズなので、高い新型を購入するより2型を購入して、余った資金で他の機材に投資するのが一番いいかなーって思ってます。

 

 

また、実機を使える機会があれば、試してきます。

 

 

ちなみに旧型の2型EF70-200mm F2.8L IS III USMでは、こんな感じで撮影することが出来ます。

EF70-200mm F2.8L IS II USMコスプレ撮影について作例あり

EF70-200mm F4L IS II USMのスペック

・最短撮影距離 1m

・手振れ補正 約5段

・重量 約780g

・発売日 2018年6月28日

・価格 18万5000円

 

こちらは、純粋にスペックが上がっているレンズなので、旧型から購入するメリットが大きいと感じました。最短撮影距離1mなのは、大きなメリットですし、手振れ補正約5段分あるのも、写真撮影の幅を広げてくれるのでいいなって感じました。

 

 

価格は、結構高いのでそこがデメリットになりますが、重量も軽めなので、F4通しでもいいなら、このレンズは、結構いいレンズそうだなって感じました。

まとめ

F2.8通しなら、わざわざ買い替える必要はなし、F4通しなら買い替えるメリットが大きいと思いました。

 

まだ、スペックしか見てないので、実際に使ってみないことにはわからない部分もありますけど、発表された率直に思ったことを書いてみました。