RAW現像ソフトは、lightroomが簡単でおすすめです

RAW現像ソフトは、lightroomが簡単でおすすめです

ライトルーム

ある程度、写真を撮影していくとJPEG取って出しから、RAW現像に興味を持つかと思いますが、RAW現像ソフトって、カメラについてくる無料のソフトから有料のソフトまで様々なソフトがあります。

 

選択肢が色々あると迷うと思いますが、自分はいくつかのRAW現像ソフトを使ってきた中でも「Adobe lightroom」をおすすめします。

 

実際に自分もライトルームを使用してますし、このライトルームでRAW現像している人達はかなりいますよ。

 

実際に「Adobe lightroom」でRAW現像すると、この写真がこんなに変えることが出来るということをツイッターでツイートしてみると、結構反応してもらうことも出来ました。

写真見ると、いかにも失敗したような写真なのに、劇的に変わってますよね。極端な補正を加えてみましたが、RAW現像が出来るとこれだけ写真を変化させることも可能になってくるわけです。

Adobe lightroomがオススメな理由

この「Adobe lightroom」は、色んなプロの写真家の方々も利用してる現像ソフトで使ってる方が非常に多いソフトです。「Adobe lightroom」以外の現像ソフトでRAW現像をしている人を聞いたことがないぐらいメインで使われていることが多いメジャーなソフトです。

 

そのため使っている方が多いので、使っている人にやり方を聞きやすいのもメリットの一つになります。

 

カメラメーカーの無料で付いてくるソフトは、そのメーカーのRAWファイルしか編集することが出来ませんが、「Adobe lightroom」なら様々なカメラメーカーのRAWファイルに対応しているので、一度lightroomの操作を覚えてしまえば、今後どのカメラを変えたとしてもスムーズに移行することが可能です。

 

自分の場合、SONY>Nikon>Canon>Sonyと変わっていきましたが、Raw現像は、ほぼ全て「Adobe lightroom」メインでやってたので、いちいち操作を新しく覚えることなく、今まで通りRAW現像することが出来ました。

 

また、いまはCanonとSonyのカメラ両方使うことがありますので、わざわざRAW現像ソフトを分けることなく、ライトルーム一つで一緒に管理することが簡単に出来るので、かなり便利だと感じています。

 

今は、パソコンを利用しなくてもiphoneやipadからでも、lightroomを利用することが出来るようになって、外でも簡単にRAW現像をすることが出来るところもいい感じです。

 

外出先で、一眼レフカメラで撮影して、wi-fi機能で写真をスマホに飛ばしてから軽く現像して、その場でツイッターやインスタグラムなどのSNSで投稿すれば、リアルタイムで写真を上げることが出来ることが可能なので非常に良いです。

カメラメーカーのRAW現像ソフトは処理が遅い

これは、パソコンのスペックにもよるんですが、比較的に「Adobe lightroom」よりもカメラメーカーのRAW現像ソフトの方が処理が重い感じがしました。

 

Adobe lightroom」は、現像ソフトの中でも、低スペックなパソコンでもそこそこ動いてくれてたので、処理スピード的にも「Adobe lightroom」がおすすめです。

 

でも、パソコンのスペックがあればあるほど、非常にスムーズに処理が早くなるので、出来るだけいいパソコンを使う方ことをオススメはしますけどね。

すぐに新しいカメラのRAWファイルに対応してくれる

新しいカメラが出て購入しても、普通のRAW現像ソフトは、なかなか新しいカメラのRAWファイルに対応してくれないことが多いんですが、「Adobe lightroom」は、使っているユーザー数が圧倒的に多いため、新しいカメラでも比較的すぐに対応してくれるので、新しいカメラでもRAW現像することが出来ます。

ちょっとした修正なら、「Adobe lightroom」だけで出来る

センサーのゴミとか、ちょっとした写り込みぐらいなら、いちいちPhotoshopを利用することなく、「Adobe lightroom」のみで削除することが可能だったりするので、「Adobe lightroom」を使いこなすことが出来れば、かなりの武器になります。

Adobe lightroomのデメリット

デメリットは、やはりお金がかかる点です。

 

このソフトは、有料ソフトになってしまうため、コストがかかってしまいます。普段からあまり撮影しない人には、ちょっと勿体ないかもしれませんが、「Adobe lightroom」では、やれることがかなりあるので、出来れば購入したいソフトです。

 

写真撮影がデジタルになってからは、撮影技術より編集技術を磨いたほうがいい写真になることが多いと思うぐらいなので、いい写真を作っていきたいなら、RAW現像は必須だと思ってます。

 

たまにしか撮影しないけど、少しだけRAW現像してみたいっていう人はメーカー純正の無料のソフトを使うぐらいでもいいかもしれません。

 

ただ、契約すると「Adobe lightroom」と「photoshop」両方使えるようになるので、フォトプランを契約するのはいいですよ。自分も、両方のソフトを利用しますので、ずっと契約してます。

ライトルームでのRAW現像方法のやり方については、こちらの記事を参考にしてみてください。