一眼レフカメラは、飛行機の機内持ち込み可能?注意点なども

一眼レフカメラは、飛行機の機内持ち込み可能?

一眼レフ 機内持ち込み

飛行機を使った国内旅行や海外旅行で、せっかく旅行に行くんだからスマホで写真撮影をするんじゃなくて、一眼レフカメラで綺麗に写真を撮影したい方がいるかと思います。今回の記事では、カメラを飛行機の機内持ち込みする時の注意点などをまとめてみました。

 

まず、初めにいってしまうと一眼レフカメラは手荷物で機内持ち込みは可能です。

 

むしろ、カメラはスーツケースに入れて預け入れにしない方がいいです。

 

海外では、預け入れのスーツケースは、雑に扱われることが多いのでカメラの故障になる可能性もありますし、間違えてスーツケースを持っていかれる可能性もあるので、預け入れでは貴重品はあまり入れない方がオススメです。

一眼レフカメラのバッテリーも手荷物になります

飛行機では、バッテリー関連は、預け入れケースに入れることが出来ませんので、予めて手荷物の方にバッテリー関連を全て入れておいた方がいいです。空港についてからキャリーから出したりするのは手間ですからね。

 

モバイルバッテリーとかもですが、全て機内持ち込みにするようにしてください。

 

これは、国内、海外問わずに共通のルールになってますので、必ず手荷物でいけるようにする必要性があります。

 

*バッテリー関連は、全て手荷物で持っていくこと

荷物の保安検査について

飛行機を乗る時、手荷物検査があって毎回飛行機に乗る時これをしないといけないので、面倒だったりしますが、デジタル一眼レフカメラに関しては、わざわざカバンから出さなくても、バッグに入れたままで大丈夫なので、手間は少ないです。

 

保安検査で、バッグから出さないといけない物は、ノートパソコンは、バッグから出さないといけなかったりします。「iPadやタブレット端末」は、カバンに入れたまま検査出来るので、ノートパソコンを持ってる時だけ注意ですね。

 

逆にそれらの物がない場合は、手荷物検査はあまり手間ではないです。

飛行機内の盗難注意点について

手荷物は、基本的に前の座席の下に置くか、上の棚に入れるかになります。前の座席の下に置いた場合にトイレなどに行くときは、盗難防止で念のためカバンごと持ってトイレに行ったほうが安心です。

 

いつ盗難に合うかは、わかりません。

 

上の棚に入れた場合は、飛行機が目的地に着くまで開けることはまずありませんが、夜行便などでは機内の照明が暗くなってから、収納棚を開けて盗みを働く人がいるという情報も見つけたりしたので、気を付けた方がいいかもしれません。

 

上の棚に入れるなら、機内持ち込みが可能なスーツケースでロックをかけて入れたほうが安全かと思います。こういうのが、機内持ち込みも可能でロックも出来て便利なケースです。

一番盗難しにくいのは、座席下に荷物を置いて不審な動きに気付けるようにしておくほうが良さそうですね。何か不審な点があってもすぐに気が付けます。

 

とはいえは、頻繁に盗難があるわけではないので安心してもらって大丈夫ですが、日本人は危機感持ってない方が多いので、大切な荷物は目に見える所で管理していただきたいところです。

飛行機内の一眼レフ撮影について

一眼レフカメラだと、シャッター音が多少気になるため、出来たらサイレントシャッターで撮影して、なるべく周りの人が気にならないように配慮出来るといいかもしれません。

 

機内では、フラッシュ撮影はNGなのは当たり前ですが、最近のカメラはwi-fi機能などもついてますので、念のためそれらの機能もOFFに設定しておきましょう。

一眼レフカメラは、飛行機の機内持ち込みまとめ

今まで、カメラを何十回飛行機に機内持ち込みで持っていきましたが、一回も故障などもなく普通に使えてます。

 

ただ旅行は、荷物が多すぎると移動が大変なので、持っていく荷物に関しては必要最低限の機材だけ持っていくようにしていくといいと感じました。