2020MacBook Pro13インチのキーボードの打ち心地は?カバーは必要?

2020年のMacbook Pro13インチが発売されて、2018年のMacBook Pro13インチから買い替えをしました。

 

今回は、買い替えをしたのでキーボードの打ち心地とキーボードカバーの必要性についてまとめることにしました。

MacBook Pro13インチのキーボードの打ち心地は?

キーボード

2020年の新型Macbook Proからシザースイッチ構造に戻りました。これは、昔のMacbookに採用されていたキーボードになります。

 

薄型のバタフライキーボードは、見た目は良いんですが、打ち心地に不満を持つ人がいたり、それ以上に故障率が非常に多くて問題のキーボードでした。

バタフライキーボード不具合の症状

よくある症状が、とにかく故障率が高くて、ゴミのが入りやすくて文字を入力しているのに文字が入力されないとかの問題がありました。

 

しかも、ゴミが入ってもそのゴミを取り出すことが出来ないため、ゴミが混入してしまった場合は、サポートに持っていって修理してもらうしかダメになってしまってました。

 

これが問題で、2018年までに3件の集団訴訟も起きてます。

バタフライキーボードにはカバーが必須

これによりバタフライキーボードを利用しているMacBook Proには、キーボードカバーが必須でした。

ゴミ対策としては、キーボードカバーの利用が必須で、自分もこちらのキーボードカバーを利用してました。文字入力が出来なくなって、サポートに持っていくのは面倒ですからね。

 

せっかくの薄型キーボードなのに、キーボードカバーを付けないといけないことになってしまったのは、本末転倒でしたね。

新型Macbook シザー式に変わってからは?

2020年のちょっと厚みが出たキーボードに変更されてからは、キーボードの打ち心地も以前の物と戻ったので、キーボードに関して好評になりました。

 

デメリットとしては、若干厚みが出てしまったため、以前のMacbook Proよりもほんの少し厚みが出たところでしょうか?

 

それでも、Macbook Proは十分薄い部類だと思うので、ちょうど良いぐらいだと思います。

 

持ち運びなら、13インチがちょうど良いですね。16インチだと少々デカく感じました。

シザー式ならキーボードカバーは不要

自分が使った感じですが、シザー式の場合はキーボードカバーは不要だと判断してカバーの利用はしておりません。

 

もし、キーボードカバーを購入するなら、こちらの商品にすると思いますが、キーボードカバーがあると打ち心地があまり良くないので、カバーなしで利用してますね。

 

毎日、キーボードを打ってますが、特に問題はありません。

 

めちゃくちゃ綺麗に使いたい方は、キーボードカバーの利用は悪くないですけど、自分はあくまで仕事道具だと思ってるので、あまり気にせずガンガン使ってます。

 

ただ、昔のmacbook proは、キーボードの故障率が高かったので仕方なく利用していた感じですね。

Macbook proキーボードまとめ

  • 新型キーボードは打ちやすい
  • キーボードカバーは不要
  • 新型Macbookおすすめ

自分が新しく購入したMacbook Pro13インチはこちらです。

 

ちなみに最新のMacbook Airもシザー式に変更されており同じキーボードになっておりますので、最新のAirでも大丈夫です。

 

過去のキーボードは、見た目は好きでしたが文字入力が疲れやすい故障率が高かったので、そこが不満でしたが、2020年の新型になってから気にすることなく毎日ガンガン文字入力することが出来るようになってよかったです。

 

毎日2〜3万文字ぐらい文字を入力することがあったりするので、キーボードは大切なんですよね。