GoPro HERO7 blackのタイムワープ動画の作例とレビューについて

GoPro HERO7 blackを購入しました

普段は、一眼レフカメラで写真を撮影しているんですが、動画の方も撮ってみたいなって思い、以前ソニーのハンディカムを購入しました。ハンディカムを購入したのは、いいんですがなかなかサイズもあるため、動画を撮るなら一眼での写真撮影は諦めるしかありませんでした。

 

写真の方がメインで撮影することが多いので、荷物になることもあり、ハンディカムを持っていくことは、ほとんどなく家に置いたままになってることが多く勿体ないなって思ってました。

 

そんなところで、少し気になっていたのがGoProです。Goproならサイズも小さいし、リュックに着けて移動しながら動画を撮りつつ、一眼でも写真撮れるんじゃないかと思って購入することにしました。

GoPro HERO7 blackは、リュックに着ければ両手フリー

GoPro HERO7 blackは、かなりサイズが小さく軽いので、リュックにクリップで挟んでも問題なく撮影することが出来ました。

 

こんな感じの商品を購入するだけで、リュックにGoProを付けて撮影することが出来ます。

両手フリーで動画撮影を撮影することが出来るのは、ぼっちには非常にありがたいですね。これで、写真撮影しながら動画も撮れるようになりました。

 

また、普通は手振れが気になるところですが、このGoPro HERO7 blackは、手振れ補正で強力でスタビライザーなしでもいいって言われるぐらいです。自分的には、まだまだスタビライザーがあった動画の方が、全然クオリティが高いと思いますが、手軽さ的に手振れをこれだけ抑えてくれてるならアリだと思って購入してます。

GoPro HERO7 blackのタイムワープ動画の作例

実際にGoPro HERO7 blackと上のクリップでタイムワープで動画撮影してみました。

 

比率は、16:9で解像度は4k動画になります。速度は、10xです。

リュックの上に載せて、普通に歩いている割には、ちゃんと動画になってるんじゃないかなって思います。普通に撮っていては、それほど面白くはないですが、ちゃんと使いこなすことが出来れば、面白い動画を残すことが出来るんじゃないかなってところですね。

 

こちらは、手持ちで飛行機から外を動画撮影してみました。

タイムワープの動画撮影は、音は録音されないため、あとからBGMだけ付けてます。

GoPro HERO7 blackのまとめ

GoPro HERO7 blackを使えば、簡単で気軽にタイムワープ動画を撮影することが出来ます。サイズも小さいし、どこでも持っていきやすいので、ハンディカムの時と違って普段から持ち運び出来そうです。

 

バッテリー持ちは、あまりよくないので予備バッテリーは、必須かなって思ってます。

純正ではないですが、互換バッテリーを使えばかなり安く手に入れることが出来るのでオススメです。

 

GoPro HERO7 blackを購入して、まだたいして日にちが立ってないので、今後色々撮影してブログに載せていけたらいいなって思ってます。

ABOUT US

写真歴8年で、コスプレ、ポートレートメインに色んな写真を撮影してます。コスプレの宣材写真撮影をした経験もあります。 ソニーイメージングプロサポート会員です。 ブログでは、写真の撮影方法やカメラ機材やガジェット系の記事などを色々投稿中! ツイッターやインスタグラムもフォローしてくださいね(*'▽')